NEW
サラダバーはなぜ儲かる?

ファミレス朝食バイキングに学ぶ、ビジネスチャンスのつかみ方

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ココス」のおかわり自由な朝食野菜バイキング(850円)。

 今年に入り、野菜の値段が高騰している。2月9日付読売新聞によると、特に東海地方の主な青果卸売市場では、白菜やホウレンソウなどが前年に比べ1~3割高く、低温や雨不足により野菜の生育が遅れ、供給不足が長引いているのが原因とのことだ。

 自宅で調理し内食をする人が増えているなか、家計に少なからぬ影響を受ける人も多いはずだ。値段の上がった野菜を敬遠し、野菜を食べなくなってしまっては、栄養バランス的にもよくないだろう。

 そんななか、独身から家族連れ、高齢者まで幅広い層の間で、ファミレスチェーンが提供する「朝食サラダバイキング」が密かに人気を集めているという。朝食サラダバイキングは、種類も比較的豊富で栄養バランスもよい。料金が心配だが、たとえばココスやジョナサンなどでは、手ごろで安く食べられる(一部店舗を除く)。

 今回、2つのファミレスチェーン店で、実際に朝食サラダバイキングを利用するとともに、低価格で人気のサービスを提供する、店側の取り組みやメリットを探ってみた。

 まずはジョナサンの「モーニングビュッフェエクスプレス」。

 提供時間は6:00〜11:00で(一部店舗は異なる)、サラダバイキングにドリンクバーがついてたったの500円。しかも、数種類の野菜、つけもの、梅干し、焼き海苔、ご飯やスープ、3種類のパンもすべて食べ放題だ。

 さらに魚や卵料理がついたメニューもある。和風メニューでは魚料理や和風ハンバーグがつき、料金は720円。卵料理&ソーセージつきは、料金650円(実施店は限定され、提供される料理は店舗によって異なる)。

 続いて、ココスの朝食バイキングは野菜だけでなく、豊富な料理もついている。

 大井町店では、野菜サラダ数種類にソーセージ、焼き魚、魚フライ、卵、焼きそばやパスタ、味噌汁、スープ、カレーにご飯、納豆、味付け海苔、焼き立てパン、ご飯、デザートにドリンクバーまでついている。パンは、クロワッサンやライ麦パン等、毎日お店で丁寧に焼きあげているから、うまい。これだけついて850円。料金やメニューは店舗によって違い、大人ひとりで699円や799円の店が多い。