NEW
鮫肌文殊と山名宏和、と林賢一の「だから直接聞いてみた」 for ビジネス

1000円カット「QBハウス」はどこまで無茶ぶりアリか?

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

担当者 どこまでと言いますのは? 一応ご要望をお聞きして、ハサミとバリカンで対応させていただくものでしたら行なっておりますけども。

――え? じゃあ例えば、モヒカンとかもしてくれるんですか?

担当者 (電話口で思わず)え? ……そ、そうですね、あのー、何か特殊なものが必要でなければ対応は……可能です。

――あ、モヒカンもOK?

担当者 はいー。ただあの、「どのようになるか」は店舗のスタッフと直接お話ししていただいたほうがわかりやすいとは思うんですが、あ、あ、はい。

――特殊な髪型とか面倒くさそうな注文があったときでも、別料金かかるとか無いんですね?

担当者 ええ、あの無いです。追加料金はありませんのでハサミとバリカンで対応できる範囲のものを全て1000円ということにはなっています。

――じゃあ、坊主にラインとかのデザイン剃りこみ入れるのも?

担当者 そーですね……。特殊な技術が必要になるものに関しては承ることができないとは思うんですけども店舗のスタッフとお話いただくのが一番早いかと思います。バリカンの歯も決まったものしかございませんので。

――じゃあ、思い切って、スキンヘッドを注文した場合は?

担当者 あっ、その対応は、3ミリからのバリカンの歯しかございませんので。はい。多分スキンヘッドですと、カミソリなどを使用するものに関してはできないです。

 聞いてみてわかったが、実は現場の理容師さんによって客の少々無理めな注文にもかなりフレキシブルに対応してくれるようだ。これは利用しない手はない。パーマやスキンヘッドは無理でも、いにしえのジョー・ストラマーのソフトモヒカンくらいなら全然オッケーのようである。料金が1000円だからって遠慮しないでバシバシ注文をつけるべし!

1000円カット「QBハウス」はどこまで無茶ぶりアリか?のページです。ビジネスジャーナルは、連載、サービス業の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!