NEW
鮫肌文殊と山名宏和、と林賢一の「だから直接聞いてみた」 for ビジネス

1000円カット「QBハウス」はどこまで無茶ぶりアリか?

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 でも私は行かないけどね。だって、散髪のどこが好きかって、髪を刈り終わってからのヒゲ剃りの気持ち良さ。あれに尽きるんだもの。職人技で究極にツルッツルに剃り上げられた、あの爽快感! あれこそプロに任せる醍醐味ですよ。だから聞いといて悪いけど、ヒゲ剃りもシャンプーもないとこには行かないのでありました。
(文=鮫肌文殊)

●鮫肌文殊(さめはだ もんぢゅ)
1965年、神戸にて誕生。放送作家。『世界の果てまでイッテQ!』(日テレ系)、『さんまのスーパーからくりTV』(TBS系)などを手がける。いま発売中の「昭和40年男」(クレタパブリッシング)って雑誌で、放送作家仲間の中野俊成と一緒にDJやってる「決定!レコ歌ベストテン」(中央エフエム毎週木曜20時。再放送・日曜23時。サイマルラジオでネットでも聴けます)ってラジオ番組について、オールカラーで6ページにも及ぶインタビュー受けてます! 同じ紙面に、大ファンの甲斐よしひろさんが載ってたりして、感無量です(笑)。コンビニにも並んでると思うので良かったら読んでみてください。

1000円カット「QBハウス」はどこまで無茶ぶりアリか?のページです。ビジネスジャーナルは、連載、サービス業の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!