NEW
本日発売の「週刊新潮」「週刊文春」両御大を早読み!(12月13日号)

オリラジ藤森&田中みな実の裏に“訳あり”堕胎スキャンダル!

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オリラジ藤森のスキャンダルについて報じる
「週刊文春」(文藝春秋/12月13日号)
 今日(12月6日)発売の「週刊新潮」(新潮社)、「週刊文春」(文藝春秋)から、忙しいビジネスパーソンも要チェックの記事を早読み。今回は、これぞ「ザ・週刊誌ネタ」ともいえる、“下半身ネタ”2本をチェック。

 12月16日の投票日に向けていよいよ本格化してきた衆院選に関連し、今週も両御大とも選挙特集を組んでいる。しかし、選挙期間中は報道機関としての中立性を重視してか、特定の候補者にダメージを与えるようなゴシップ記事は見当たらない。それゆえ、いまいちパンチが弱い誌面の中で際立っているのが、文春がスクープした「田中みな実&藤森慎吾 熱愛報道でもみ消した妊娠・堕胎・350万円慰謝料」という記事だろう。

 主人公は、オリエンタルラジオの藤森慎吾。11月2日発売の写真週刊誌「フライデー」(講談社)では、TBS・田中みな実アナウンサーとのお泊り愛が報じられ、2人の真剣交際が明らかになった。しかし、その裏で、藤森の「あるスキャンダル」をもみ消すために、吉本興業とフライデー編集部が密約を交わし、藤森と田中の2ショット写真を撮らせていたと文春は報じている。では、もみ消したかったスキャンダルとは?

 記事によると、今年6月、都内在住でモデルのさゆりさん(仮名)は、大阪のクラブで藤森らにナンパされ、その1週間後に行われた合コンのあと、2人は関係を持つことに。その後、さゆりさんの妊娠が発覚。藤森以外にセックスをした覚えのないさゆりさんは彼に連絡し、ホテルで2度面会。結局、藤森は中絶の手術費用と慰謝料の合計350万円を現金で渡し、さゆりさんは藤森が持ってきた契約書へサインをした。契約書には2人の関係を口外しないことなどが書かれていたという。

 しかし、話はこれで終わらない。藤森と話を進める上で不安になったさゆりさんは、フライデー編集部に連絡し、ホテルでの話し合いの現場をICレコーダーで録音、またカメラマンに現場写真を撮らせていたのだという。この記事はフライデーに掲載されると思われたが……ここで吉本がフライデー編集部に圧力をかけ「『記事化を取りやめるなら、藤森と田中みな実のツーショットを撮らせる』との取引を持ちかけたのです」(関西芸能筋)というのだ。これにより、さゆりさんと藤森に関する記事は闇に葬られ、田中アナとの2ショット写真が撮られたという。

●フライデーは利用されただけだった !?

 ここまでが文春が報じたスキャンダルの概要だ。しかし、ビジネスジャーナル編集部がフライデーに近い関係者に確認すると、こんな情報が出てきた。

「文春の記事は正確ではない。吉本との裏取引は存在しない。写真も音声もあったが、妊娠させられたという女性の証言の信ぴょう性を疑ったので記事にはしなかったんです。その後、田中みな実とのツーショット写真が取れたこととは無関係。タイミングがたまたま近かっただけです。そもそも、講談社と吉本とは、島田紳助をめぐる記事で激しい裁判闘争の最中。そんな裏取引、成立しませんよ」

 さらにこんな証言もある。

「フライデーが女性側に利用された可能性が高いんです。女性側は、自身に都合のいい写真や音声をフライデーに握らせて、それを材料に藤森との交渉を有利に進めようとした。利用されていることを知った同誌が記事掲載を取りやめたんです。いずれにせよ、吉本とのバーターなどではない。藤森に弄ばれたとしたら、女性もかわいそうですが、藤森への金銭の要求の仕方など見ていると、そう単純な話でもないような気がします」(芸能記者)