NEW

日本のメディアは、なぜ米国の“終戦”に気付かなかったのか?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者が米ニューヨークで撮影(2011年9月11日)
 2011年9月11日、この日がアメリカ国民にとって何を意味する日か気付いた日本人が、一体何人いるだろうか?

 ここに同日直後の週末に撮った1枚の写真がある。警官と観光客が仲良く写った集合写真。この写真を見て、皆さんは何を読み取るだろう?

 この写真が撮られる10年前の01年9月11日、あの衝撃的なアメリカ同時多発テロが発生した。パールハーバー以来、いや初めてのアメリカ本土攻撃ともいえる経験をしたアメリカ人は、「自分の住んでいる場所が戦地に変わる恐怖」を味わい、日々の生活でもテロの恐怖に怯えることとなった。

 その閉塞感は、平和ボケした日本人には伝わりにくいかもしれない。しかし、このテロが知らしめたのは、航空機の安全だけの問題ではなかったのだ。毎朝の通勤電車も、セキュリティ万全と信じていた高層ビルに入ったオフィスも、週末の買物でにぎわうショッピングセンターも、日常生活すべての公共的な場所が絶対的に安全な場所ではないこと、テロの対象となりうることを思い知らされたのだ。この重すぎる現実が、アメリカ経済に無言の重圧をかけたことは隠しようのない事実だった。

 その事件以来今日まで、私は毎年春秋と2回マンハッタンを訪れ、ワールドトレードセンター跡地やウォール街、タイムズスクエア等を定点観測している。これはアメリカ社会と経済が、この未曾有の被災体験をどう乗り切るかを見極めたいと思ったからだった。

 日本人から見ると気恥ずかしいほど、自宅に、クルマにと、日常的に星条旗を掲げ、愛国心を高らかに語ることをいとわないアメリカ人。その最強最善と信じる祖国の誇りとプライドを打ち砕かれた衝撃は大きい。絶対的に無敵のチャンピオンが、無名の新人にノックアウトを喰らったのと同じ気分だったことだろう。

 どうやって誇りと自信を取り戻すのか、私は少々意地悪く、萎縮した生活を送る彼らを観察していた。それは、日頃自分が殴ることはあっても、相手に殴られることはないという、少々鼻持ちならない過信と独善的な姿勢が気に入らなかったこともある。

●怯えるアメリカ

 さて、その日から、拳を振り回すだけの無敵のチャンピオンの姿は、ガード一辺倒に変貌した。一夜にして強化されたアメリカ国内各空港でのセキュリティチェックは、滑稽なほど。靴や上着を脱がせるのはもちろん、100cc以上の液体の機内持ち込み禁止や、外国人の指紋採取も当然のこととなったのはご存じの通り。それでも飽き足らないらしく、過剰な持ち物チェックで、手みやげに持参した「とらやの羊羹」をプラスチック爆弾だとでも思ったのか、盾を持った重装備の警備員が大勢で取り囲む姿は失笑ものだった。

「アメリカは怯えている。テロではなく、テロの影に怯えている」そう感じずにはいられなかった。一時はフライト3時間前に空港に着かなければ搭乗に間に合わないような異常事態、この間の経済的損失はテロでの被害額など比べ物にならないほど甚大だろう。

 実際、街の風景も変わった。浪費を美学としていたアメリカ市民が節約傾向に、自粛モードなのか消費も行動も控えめになったのには驚いた。アメリカ国内の旅客機の利用がテロを恐れ激減しているのは数字で知っていたが、週末のタイムズスクエアが火の消えたように人気がなくなったことに、数字以上の事体の深刻さを肌で感じた。

 この後の不幸な出来事については、今さら深く触れるまでもないだろう。軽く並べるだけでも、報復攻撃ともいえる03年のイラク戦争。この混乱に伴う原油価格の高騰。アルカイダの再報復テロ。そして08年のリーマンショックへと続く。この年には世界各国で24もの航空会社が倒産。今は再上場して平然とした顔をしているが、我が国でも10年に日本航空が倒産の憂き目に遭っている。

●生き延びるのに必死だったメディア

 さて、この時期以降、バブル崩壊、阪神淡路大震災等の傷が癒えていなかった我が国の経済は、歯止めを失ったように、奈落の底に落ちて行った。アメリカや世界での不幸の連鎖に加え、今なお継続中である11年の東日本大震災という痛恨の大災害。企業のみならず多くのアナリストやメディアが日々を生き延びるのに必死で、海外の動きに目を向ける余裕や予算などなかったと言えばその通りだろう。

 ただそれが近視眼となり慧眼を失ってよい理由にはならないハズだ。ましてや、時代の水先案内人であるハズの舵取り人までが、自ら動かないことを美徳としてしまっては本末転倒だ。