NEW

ネイティブ並みに英語を話せるようになる究極の学習法「英語人格」を作る話題のスクールを訪問!

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネイティブを交え、リラックスした雰囲気で、
英語人格を育むことができるDEL。
 TOEICで900点以上取ると100万円、800点以上なら30万円を報奨金としてもらえる制度が話題のソフトバンク。ソフトバンクに限らず、英語がビジネスパーソンにとって必須のスキルというのは今や常識だ。しかし、英語を学んでもネイティブ並みになる人と、いつまでも片言の英語しか話せない人がいる。一体その違いは何だろうか?
 
 一風変わった英語教育で話題の英語スクール「ドクター苫米地英語脳ラボ(通称DEL)」を取材した。

「それは人格の違いです」

 開口一番そう答えるのは、DEL校長の米津香保里氏だ。

「人格の良し悪しが学習能力を決定しているという意味ではありません。日本人で英語がネイティブ並みに話せるようになる人は、“英語人格”を新たに獲得できた人なのです。私は英語スクールを主宰して多くの英語ネイティブを育てた経験から、ハッキリと断言できます」

 街で外国人に道を尋ねられると、急に愛想笑いを浮かべ、片コト英語を喋る奇妙な自分が顔を出す。たしかにあの時の自分は、別人格になっている。

「英語力向上の鍵は、英語人格を作ること」という米津氏の説には説得力がありそうだが、そんな彼女が上手に人格を形成した事例として紹介してくれたのが、同ラボでチューターを務めるマリアムさんだ。彼女は日本語、英語を含めた4カ国語を話すマルチリンガルで、実際、彼女に日本語で話しかけてみると、即座にきれいな発音の日本語で返された。

 マリアムさんは、15歳までアメリカで育ったため、英語がネイティブ。16歳の時に来日した彼女は、当時日本語がまったく話せなかったため、ゼロから日本語を学び始めたそうだが、それにもかかわらず、わずか1年で日本語を習得。日本人と何ら遜色ないパーフェクトな日本語を話せるようになったのだという。

 ちなみに、パキスタン人と日本人のハーフである彼女は、パキスタンの国語であるウルドゥー語のほか、同系言語であるヒンディー語も流暢に話せるというが、米津氏によれば、彼女のように多言語を話す人の特徴は、言語によって人格が変化していることにあるのだそうだ。

 例えば、日本人なのに、英語で話す時には外国人のような身振り手振りを行い、発言もストレートな物言いになる人がいる。これは、前頭葉にある抽象度の高い言語運用ネットワーク集団が、日本語と英語でレイヤーが分かれていることから生じる現象なのだという。それがあたかも人格が変わるように見せているらしい。

「しかし、マリアムのように上手に“日本語脳”と“英語脳”など、言語ごとに脳のレイヤーが分けられる日本人は多くありません」

 その理由は、間違った英語教育を受けているからだと米津氏は指摘する。

 日本での英語教育のほとんどは、“日本語脳”を使った英語教育だ。英語を日本語に訳したり、英単語を日本語の意味で理解したり、文法を日本語の解釈で覚えたりと、日本での英語教育はすべて日本語を介して行われていて、いわば、“日本語脳”に英語をインストールするようなやり方だ。しかし、このような学習法は、脳科学的に間違っているというのだ。

●新しい言語を習得するプロセスとは

 米津氏によれば、言語は常にその国の文化や風習、思考傾向の影響下にあり、そこに独特の“臨場感”が形成されている。外国人が日本語をマスターすればするほど、日本人と同じような思考パターンを持つようになり、日本の文化が好きになっていくのも、日本語によって日本への“臨場感”がリアルに感じられるようになったからなのだという。