NEW

アパレル通販サイト「MENZ-STYLE」人気の秘訣は? 土手好き美人広報を直撃!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 男性向けアパレル通販サイト「MENZ-STYLE」を運営し、アイテムのトータルコーディネート提案などの独特なサービスを武器に、2007年の会社設立からわずか6年で急成長を遂げ、現在は東京・恵比寿ガーデンプレイスタワー30Fに広々としたオフィスを構えるのが、メンズスタイルだ。

 社長の宇賀神政人氏が弱冠25歳の時にひとりで立ち上げた同社は、現在では年商約20億円にまで成長し、競争激しいアパレル通販業界で異色を放つ存在だ。

 加えて同社の特徴として、ユニークな広報活動が挙げられるが、そんな広報を取り仕切る久島ひかる氏に、「体を張る広報活動とは?」「他社の追随を許さないメンズスタイル独自のサービス、ビジネスモデルとは?」「急成長を続ける秘訣や取り組みとは?」などについて聞いた。

mensstyle0404_01.jpg
広報の久島ひかる氏(撮影=山本宏樹/deltaphoto

--貴社のユニークなビジネスモデルや経営についてお聞きする前に、まず、貴社の独特な広報活動についてお聞かせください。

久島ひかる氏(以下、久島) 社長の宇賀神からは、「とりあえず、なんでもやってみなさい」と言われています。今までの「広報」というイメージとはちょっと違う、新しい試みをいろいろと考えていきたいと思っています。その結果として、「私がPRをしているから、この会社のことをもっと知りたくなった。この会社が好きになった」と言ってくださる方が多くなれば、ありがたいと考えています。

--大変失礼ですが、場合によっては水着姿にもなるという噂をお聞きしたのですが……。

久島 会社のイメージもありますので、どこまでが許容範囲なのかは手探り状態なのですが、社長がオーケーを出してくだされば挑戦をしてみたいと思います。ですが、必ずしも“お色気”を売りにするつもりはなく、少しでも会社にとってプラスになることがあれば、なんでもやりたいと思います。会社のマスコットキャラクターを目指していますが、これからの私のがんばり次第だと思います。

mensstyle0404_03.jpg

--久島さんは、入社前はレースクイーンやタレントをされていたようですね。