NEW

「チル反応」さえできれば、勝ち組! 脳波コントロールが睡眠と集中力を向上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ハピズムより】

nouha.jpg
奥が深い

 リラックス時に出るアルファ(α)波が、癒やし効果をもたらすことはよく知られているが、潜在能力開発や最新の脳科学の分野では、アルファ波よりもさらに周波数が低いシータ(θ)波に熱い注目が集まっている。

 シータ波は8Hz~4Hzの周波数の領域で、ウトウトした睡眠時の脳波として知られ軽睡眠(レム睡眠)時や、深い瞑想時にあらわれる脳波として知られている。だが、近年さまざまな研究によって、シータ波は覚醒した状態のままでも発生し、脳の多次元的な活性化を促していることがわかってきたのだ。


続きを読む