NEW
忙しいビジネスパーソンのためのエンタメ講座(4月15日)

米倉涼子、結婚について「人と暮らす自信ない…」、理想の男性は「もう何でもいい…」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『digi+KISHIN DVD 米倉涼子』
(ポニーキャニオン)
 女優・米倉涼子は、本日(4月15日)20時54分〜放送のテレビ番組『しゃべくり007 春の新シーズン2時間ちょっとSP』(日本テレビ系)に出演し、結婚に対する複雑な思いなどについて語った。

 現在37歳で独身の米倉は、司会のお笑いタレント・上田晋也(くりぃむしちゅー)の「『結婚しないんですか?』とかよく言われるでしょ」との質問に対し、「もう、そんなに言われなくなってきた。むしろ、ちょっと前のほうが、『いつ結婚するんだろう?』とか言われた」と答えた。

 続けて、上田から「ご自分で、『そろそろ結婚しよう』とか思わないんですか?」と聞かれた米倉は、「結婚願望はあります。すごく。でも、いざ(結婚)となったら怖くなりそうですよね。今まで37年間一人でいるから、人と一緒に暮らしていける自分がいるのかどうか。時間を共有というか、人に対してどれくらい思いやりをもてるかどうかという……」と、心境を明かした。

 また、理想の男性のタイプについて聞かれた米倉は、「昔は、筋肉質で運動神経が良い、シャキシャキしている感じの人(が好き)とか言っていた。男らしいという感じの人が良かったんですけど、体育会系な。最近は、大人っていうか、気持ちとか……。いやー、もうなんでもいいわ……。崖っぷちに入りかけてるのかな」と語った。

 加えて、米倉は「もっと女として扱われたい。みんなから(米倉は)男らしいとか、そう言われると応えたいし、いつもみんなで元気にぎゃーっとなってしまうので、抜けられなくなってしまう。サバサバしているけど、もっと誘導してほしい。女性の方向に」と話した。

 このほかにも、「男性から言われて嬉しかった、キュンとした言葉とかありますか?」との質問に対し、「あまり言葉とかは信用しないので、ぐっと行動で引っ張ってくれたりとかが好き」と明かす場面も見られた。

 米倉は、1993年にモデルとしてデビューしたのち、女優として数多くのテレビドラマの主演を務め、昨年10〜12月に放送された連続ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)の最終回は、瞬間最高視聴率29.8%の高視聴率をマークした。現在は、4月から放送がスタートした連続ドラマ『35歳の高校生』(日本テレビ系/毎週土曜日21時放送)に主演中。また、昨年7月には、ミュージカル『CHICAGO』で主役のロキシー・ハート役として、米国ニューヨーク・ブロードウェイへのデビューも果たすなど、順調にキャリアを重ねている。

 一方、私生活面では、2003年にドラマで共演した歌舞伎俳優・市川海老蔵との交際が報じられていたが、05年に破局し、37歳の現在も独身である。
(文=編集部)