NEW
忙しいビジネスパーソンのためのエンタメ講座(4月19日)

岡村隆史、AKB島崎出演ワンダCM批判に苦言「なんにもできなくなる。逆に良い宣伝」

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『AKB48 第28弾 
公式生写真ポスターA4(クリスマス
ver.) 【島崎 遥香】』(AKS)
 4月6日から放送されている缶コーヒー「ワンダ モーニングショット」(アサヒ飲料)のテレビCM「ICカード編」の中で、AKB48・島崎遥香が演じるOLが、同僚の男性社員のICカードを借りてオフィスビルのゲートを通過するシーンが、「セキュリティ上問題では?」などと一部で物議をかもしている。

 この騒動について、本日(4月19日)1:00~放送のラジオ番組『ナインティナインのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)に出演したお笑いタレント・岡村隆史(ナインティナイン)は苦言を呈した。

 岡村は番組内で、このCMに批判が集まっていることについて、「CMですから。 しかも島崎さんはAKB、芸能人で、芸能人はいつも(テレビ)局は顔パスですから。ぱるる【編註:島崎の愛称】はOLじゃないですし、あそこに勤めてませんから。そんな(批判を)言ってたら、なんにもできなくなるじゃないですか」とコメントした。

 加えて、「逆に良い宣伝になった。頭の良い人は気づいていると思うけど、ツイッターとかで、炎上商法とかいうんですか? (映画の)『悪の教典』の時もそう。(AKB48の)大島優子さんが泣きながら『こんな映画嫌いです』って言って、いい宣伝になりますよね。頭の良い人は使う。『どんなのだろう?』って話題になるから。ネットでぎゃーとなるから」と語った。

 話題となっている「ワンダ~」のCMは、島崎演じるOLが、走りながらビルの入館ゲートでICカードの入ったかばんをゲートにかざすが、ゲートが開かず、改めてかばんから財布を取り出してかざすが反応しない。「もう何で!」などと言いながら何度も財布を当てていると、後ろから同僚の男性社員がICカードをかざして、ゲートが開き、OLは「ありがとうございました!」と言いながら走り抜けて行くという演出である。
 
 画面下には「CM上の演出です。」というテロップが入っているものの、一部から「他人のICカードでビルに入館するのは、セキュリティの観点で問題がある」などという批判が出ており、各種報道によれば、アサヒ飲料にも同様の苦情が複数件寄せられているという。

 一方で、そうした批判を呼ぶような演出をあえて行う「炎上マーケティング」的手法を、同社側がとったのでは? との見方もあり、一部ネット上などで物議を呼んでいた。

 アサヒ飲料は各種メディアの取材に対し、「CMの演出上の表現と考えているが、不快な思いをさせてしまい申し訳ない」とのコメントを出しているが、引き続きCMは19日まで放送される予定だという。
(文=編集部)