NEW

「裸でアソコを打ちながら」が業績につながる!? 北欧大企業のぶっとび戦略

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ハピズムより】

 長い長い冬のある北欧、フィンランド。真冬には氷点下30度になることも。また、緯度60度と高緯度に位置する首都ヘルシンキでは、冬至の頃は日が出るのが午後の2時頃、日没が午後の4時頃……と、冬は1日のうちのほぼ大半が暗闇。
 
 しかしながら、全般に厳しい経済状況が続く欧州の中でも、国民所得4万5500ドル(380万円)、グローバル競争力第3位と、きわめて先進国のフィンランド。

 そんなフィンランドの経済の強さの理由の1つに、なんと裸で会議をするということが挙げられるのです! しかもこの裸会議は「裸」「ソーセージ」「アソコ叩き」……と、アヤシイ何かを連想せずにはいられないキーワードがてんこ盛りなのです。

続きを読む