NEW
忙しいビジネスパーソンのためのエンタメ講座(6月2日)

西川史子、矢口真里について「酔うと大変なことになる」肉食キャラへ変身勧める

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Single CD+DVD『青春 僕/青春 俺』
(hachama/矢口真里、エアバンド)
 5月30日に俳優・中村昌也との離婚を発表した元モーニング娘。でタレントの矢口真里について、先週発売の「週刊女性」(主婦と生活社/6月11日号)が、離婚前、矢口が若い男性とデートをしていたり、元恋人を自宅へ誘うメールを送っていたなどと報じ話題を呼んでいる。

 これを受け、本日(6月2日)9時54分~放送のテレビ番組『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演した女医でタレントの西川史子は、「(矢口が)酔っぱらうと結構大変なことになるっていう話は、聞いてたんですけど」と明かし、その理由について、「多分10代の時からお仕事してて、押さえつけられていた面があって、今爆発したんでしょうね」と分析した。

 また、女装家のミッツ・マングローブは、「性に奔放っていう、この人が持つ性みたいなものが際立ってわかったっていう意味では、そういう新たな側面を、すでに楽しんでいる人たちも結構いる。そっから先は矢口ちゃんの勝負。早く(公の場に)出てきたほうがいい」と“肉食キャラ”への路線変更を勧めた。

 西川もミッツの発言にうなずきながら「どれだけ開き直れるかってこと」と同調した。

 西川は先週5月26日放送の同番組で、矢口が自宅で不倫をしていたという報道について「結構前にこの話を噂で聞いていた」とコメントし、一部で話題を呼んでいた。

 ほかにも先週放送の同番組で「矢口はもっと悪さやってますよ」とコメントしていたテレビプロデューサーのテリー伊藤は「離婚が成立して、条件も折り合ったわけだから、ここからが勝負。出てきてほしいよね」との言葉を投げかけた。

 別居・不倫騒動の渦中にあった矢口と中村の所属事務所は、5月30日、正式に2人の離婚を発表。その2日前に発売された「週刊女性」は、今年1月頃に中村とは別の男性とデート中の矢口を目撃したという友人の証言として、相手の男性が店員に「コイツ、オレの彼女なんですよ」と言い、矢口もまんざらでもなさそうだったという話を掲載した。また、同誌によれば、昨年末、矢口が元恋人に「今日はダンナがいないからウチに遊びにこない?」などのメールを送信していたという。

 一連の別居・不倫報道を受け先週から矢口は、レギュラー出演していたテレビ番組『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)や『ゴゴスマ-GO GO! Smile!-』(CBCテレビ)などの生放送を欠席し、公の場へ姿を見せていない。
(文=編集部)