NEW

AKB総選挙、今年卒業の板野友美は選抜入り「総選挙ずっと嫌いでした。私そんなに強くない」

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CD+DVD『さよならクロール(Type B/通常盤)』(キングレコード)
 6月8日17時30分から、アイドルグループ・AKB48の32枚目シングル曲の選抜メンバーとカップリングメンバー、合計4グループ総勢64名を選ぶ「AKB48 32ndシングル選抜総選挙」の開票イベントがスタートした(本イベントの模様は、同日18時30分~放送のテレビ番組『AKB48 第5回選抜総選挙 生放送SP』<フジテレビ系>にて生中継)。会場の日産スタジアム(横浜)には、7万人のファンと、国内外から700以上のメディアが集まった。

 投票受付は5月21日~開始され、5月22日に発表された投票速報では、前回1位の大島優子が3位となるほか、多くの前回上位メンバーが順位を下げたのに加えて、投票権が付いているAKB48のシングルCD『さよならクロール』(キングレコード/5月22日発売)が、オリコン歴代最高の初週売上176.3万枚を記録するなど、盛り上がりを見せていた。

 その中でも、すでに今年中のAKB48からの卒業を発表している、板野友美(5月22日発表の速報順位:14位)の順位に注目が集まっていたが、昨年の8位から、今回11位(得票数:6万3547票)に順位を落とした。

 発表後に板野はスピーチで、「5回も総選挙をやってますけど、やっぱり、総選挙ずっと嫌いでした」と本音を明かした。続けて、「でも、今日たくさんの票を頂いて、すごくファンの方ががんばってくれたんだという気持ちと、温かい気持ちを知ることができました」と涙ながらに語った。

 また、卒業後について「私はもう卒業してソロになります。今不安もたくさんあります。誤解されることが多いですけど、そんなに強くないです。この票の分だけ自分自身に変えて、夢を叶えていきたいと思います」と決意を語った。

 今回の総選挙は前回までとは異なり、AKB48とその姉妹グループなどからの立候補制となっており、投票権は、各グループの公式ファンクラブ会員ほか、シングルCD『さよならクロール』(キングレコード)購入者などに与えられていた。
(文=編集部)