NEW
忙しいビジネスパーソンのためのエンタメ講座(6月13日)

AKB指原、テレビで初のセンターに立つも、笑顔になれず…自ら「画(え)が地味」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「AKB48 32ndシングル選抜総選挙」で選ばれた新選抜メンバー(撮影=岡崎隆生)
 6月8日、アイドルグループ・AKB48の32枚目シングル曲の選抜メンバーとカップリングメンバー、合計4グループ総勢64名を選ぶ「AKB48 32ndシングル選抜総選挙」の開票イベントが開催され、会場となった日産スタジアム(横浜)には7万人のファンが集まり、その模様を生中継した『AKB48 第5回選抜総選挙 生放送SP』(フジテレビ)は瞬間最高視聴率32.7%をマークした。


 今回の総選挙では、昨年1位の大島優子が2位となり、1位の指原莉乃(昨年4位)に破れるほか、昨年と同じ5位にランクインした篠田麻里子がAKB48からの卒業を発表するなど、多くのサプライズが起こった。

 8日以降も連日メンバーたちの動向や選挙結果の分析などが報じられる中、新選抜メンバー(得票数1〜16位)の内、大島、指原、篠田、板野友美、柏木由紀、小嶋陽菜、高橋みなみら主要メンバーは、6月11日21時〜放送の『火曜曲!』(TBS系)に出演した。

 今回1位となり、今後はライブやミュージックビデオなどでセンターポジションに立つことになる指原は、司会のタレント・中居正広(SMAP)から「まだセンターに立ってないの?」と聞かれると、「まだ写真とかではあるんですけど、こういう場所でドンとセンターに立つっていうのは……」と答えた。

 すると中居に促されるかたちで、出演メンバー全員が新しい順位に基づくポジションに立つと、センターに立った指原は、「緊張する。わー、こういうことですね」と戸惑いの感想を漏らした。続けて、司会の女優・江角マキコから“決め顔”を求められた指原は、神妙な面持ちでカメラを見つめ、「本当に緊張するんですけど」と言うと、これまでセンターだった大島が「サッシー(指原の愛称)、本当に慣れてなくて、顔が笑わなくなっちゃうんですよ」とコメントした。

 そして中居から「アイドルなんだから笑わないと」と言われた指原は、「全然笑っているつもりなんですが、(カメラ撮影の際に)『笑ってください』って言われる」と困惑した様子を見せた。また、曲が流れて他のメンバーが振りを踊りだすと、指原は「ちょっと待ってください」と曲を止め、「画(え)が地味」と言いメンバーたちの笑いを誘った。
 
 このほかにも、番組内では“センターの心得”について、大島が指原に「(責任感を)勝手に背負ってしまうと、自分らしさも消えちゃうし、楽しめばいいんじゃないですかね」とアドバイスをする場面も見られた。

“新体制”による初のシングル曲は、8月にリリース予定となっているが、一部報道によれば、AKB48のプロデューサー・秋元康は、“センター指原”を受け、12日に収録されたラジオ番組『ジャパモン』(TOKYO FM系)の中で、「次のシングル、どういう曲をつくればいいのか……」などと悩んでいる様子を見せたという。
(文=編集部)