NEW
忙しいビジネスパーソンのためのエンタメ講座(6月20日)

石橋貴明「AKBのマネージャーは怖い…“ガン”くれてきて、不審者を見るような感じ」

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「AKB48 32ndシングル選抜総選挙」で選ばれた新選抜メンバー(撮影=岡崎隆生)
 6月8日、アイドルグループ・AKB48の32枚目シングル曲の選抜メンバーとカップリングメンバー、合計4グループ総勢64名を選ぶ「AKB48 32ndシングル選抜総選挙」の開票イベントが開催され、会場となった日産スタジアム(横浜)には7万人のファンが集まり、その模様を生中継した『AKB48 第5回選抜総選挙 生放送SP』(フジテレビ)は瞬間最高視聴率32.7%をマークした。


 今回の総選挙では、昨年1位の大島優子が2位となり、初の1位となった指原莉乃(昨年4位)に破れるほか、昨年と同じ5位にランクインした篠田麻里子がAKB48からの卒業を発表するなど、多くのサプライズが起こった。

 その大島、指原に加え、今回3位となった渡辺麻友の“スリートップ”は、6月20日21時~放送のテレビ番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)に出演した。

 番組内でホスト役のお笑いタレント・石橋貴明(とんねるず)は、「AKB、怖いんですよ。エレベーターとか乗ってると、マネージャーとかが、すごい“ガン”くれるんですよ」と切り出し、先日TBSでエレベーターに乗っていた際のエピソードを明かした

 石橋は、「篠田麻里子とこじはる(小嶋陽菜の愛称)が乗って来たの。俺、最初に乗ってたの。(2人が)全然気がつかないの。すごいぽっちゃりした(AKB48の)女子マネージャーが、俺のここ(目の前)にいて……」と話すと、目の前の人を下から上まで睨みつけ“ガン”くれる身振りをして、「俺、なんでこんなに“ガン”くれられちゃうわけみたいな、不審者を見るような感じ」と、その時の困惑ぶりを語った。

 それを受け、相方の木梨憲武は「やっぱりね、警備体制がね、一流のグループはね、“取り巻き力”と“圧迫”がすごい」とのコメントした。

 このほかにも石橋は、昨年6月、元ファンが、AKB48研究生時代の指原との交際を示唆する写真やメールのやりとりを週刊誌へ渡し、それが報じられ、指原がAKB48の姉妹グループ・HKT48(博多)へ移籍させられた件についても触れ、「何で? 指原は我慢できないの?」と質問した。

 すると指原は、「若かったんですね、高校生とかなんで」と答えると、石橋は「最近は自制できるようになったの?」と重ねて質問した。指原は「はい。怖いじゃないですか。怖いんですよ」と言い、また週刊誌などに“売られる”ような目に遭うことを警戒している様子を見せた。

 また、石橋から「今度好きになる人は、どんな人がいいの?」と聞かれた指原は、「口が堅い人」と返し、大島や渡辺ら共演者たちの笑いを誘った。

 今回総選挙1位となり、今後はライブやミュージックビデオなどでセンターポジションに立つことになる指原は、先日6月11日21時~放送の『火曜曲!』(TBS系)内でテレビでは初めてセンターに立ち、緊張のあまり笑顔になれず、自身がセンターに立った新フォーメーションを見て、「画(え)が地味」などとコメントしていた。そして同番組内では、“センターの心得”について、大島が指原にアドバイスをする場面も見られた。

“新体制”による初のシングル曲は8月にリリース予定だが、一部報道によれば、AKB48のプロデューサー・秋元康は、“センター指原”を受け困惑し、初のシングル曲を“音頭”にすることも検討しているという。
(文=編集部)