NEW
忙しいビジネスパーソンのためのエンタメ講座(6月23日)

西川史子、破局発表蒼井優擁護のミッツに苦言「メールで別れ告げる蒼井は常識ないだけ」

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『女盛りは、賞味期限が切れてから』(マガジンハウス/西川史子)
 先週、かねてから交際が噂されていた俳優・蒼井優と同・鈴木浩介が異例の破局発表を行い、話題を呼んでいる。

 この破局について、蒼井が鈴木にメールで「好きな人ができたから」と一方的に別れを告げたと一部で報じられていることについて、6月23日9時54分~放送のテレビ番組『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演した女医でタレントの西川史子は、「常識がない」と苦言を呈した。

 番組内で女装家のミッツ・マングローブが、蒼井について「女優の中の女優。いい意味で“性悪女”ですよ。はみ出しっぷりも。無理しなくても“悪女っぷり”が出ちゃうところが」とコメントすると、西川は「メールで別れを告げるのが“悪女っぷり”っていうのは、おかしな話よ。常識がないじゃん、これは」と反論。

 続けて西川は、「なんかそういうのをすぐ持ち上げる、ミッツさんは」とミッツを攻め、「常識がないっていうだけの話。メールっていうのはよくない。ちゃんと会って言うべき、婚約までした人だったら。それを持ち上げるミッツさんはどうなのよ」と苦言を呈した。

 それを受けミッツは、「別にメールで別れを告げたことを持ち上げたわけじゃない。本能で生きている感じが。ちょっと今、女優さんたちが小さくまとまり過ぎてるから」と反論すると、西川は「小さくとか大きくとかいう話じゃない、これは」と語った。

 一部報道によれば、蒼井と鈴木は、2011年末の舞台『その妹』で共演し、昨年5月に交際をスタート。今年秋には結婚予定だったことや、鈴木は新婚生活のためにすでにマンションを購入し、今でも毎月約50万円のローンを払っているなどと報じられている。
(文=編集部)