NEW
忙しいビジネスパーソンのためのエンタメ講座(7月9日)

山岸舞彩が語る、NHKミニスカ姿誕生秘話と、『ZERO』で封印のワケ…クレームも

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『山岸舞彩 2013カレンダー』(トライエックス)
 4月~テレビ番組『NEWS ZERO』(日本テレビ系)のキャスターを務めているフリーアナウンサー・山岸舞彩は、7月8日21時~放送のテレビ番組『しゃべくり007 夏SP ニュースな女を丸裸!!』(同)に出演し、今年3月まで出演していた『サタデースポーツ』『サンデースポーツ』(NHK)時代に話題を呼んでいた“ミニスカート姿”について秘密を明かした。

『しゃべくり007』冒頭で、司会の上田晋也(くりぃむしちゅー)から「『NEWS ZERO』では、あんまり脚出してないですよね?」と聞かれた山岸は、その理由について「そうなんですよ、ニュースなので、良いニュースも悪いニュースもあるじゃないですか。いろんなバリエーションに対応できるように」と説明した。

 また、NHKの番組では毎回ミニスカート姿で出演していたきっかけについて、山岸は「せっかくだから出したら? みたいに言ってもらったので、NHKの方に」と切り出し、「それが意外に話題になっちゃって、話題になったらなったで『ちょっと出し過ぎかな』みたいにみんななったんですけど、、スタッフも私も。『もしどっかから怒られたらやめればいいや』と思って……」と、“お堅い”NHKにしては意外にも軽いノリだったことを明かした。 

 続けて、名倉潤(ネプチューン)が「それで視たっていう人、多いと思う」と感想を漏らすと、山岸は「それでいいんですよ、それでチャンネル合わせてくれるんだったら」と、狙いどおりであったことも窺えるコメントをした。

 このほかにも、山岸はミニスカート姿で出演をし始めた当初について、「最初はスゴかったらしいですよ。もうクレーム対応の方は、私のクレームばっかりで本当に大変だった」と明かした。これを受け上田が「よくやめなかったよね」と聞くと、山岸は「でも私のところまで(クレームがあるという情報が)来なかった、当時は。あとになって『そういうことがあったんだよ』って(聞いた)」と番組スタッフがクレームを止めていたという裏話を語ると、有田哲平(くりぃむしちゅー)は「よっぽどスタッフは、(ミニスカート姿を)見たかったんだね」とコメントし、笑いを誘った。

 山岸は2011年から今年3月までの約2年間、NHKの『サタデースポーツ』『サンデースポーツ』のキャスターを担当し、ロンドン五輪では、同局外部スタッフとしては異例の現地キャスターに抜擢されるほどの人気を博していた。
(文=編集部)