NEW

育休から復帰したエン・ジャパンの女性営業に聞く、仕事の魅力

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※各業界の最新ニュースをお届けする新ニュースサイト「Business Topic」がオープンしましたので、ぜひご利用ください。


 求人情報サイトや人材紹介、社員研修など人材総合サービスを提供するエン・ジャパンで、今年4月に育休から復帰し、企業の新卒採用を支援する事業部で営業として活躍されている入社8年目の森本愛さんに、日々の仕事やこれまでの仕事で印象に残っていること、最近の取組みなどについて聞いた。


--具体的にどういったお仕事をされているのですか?

森本愛さん(以下、森本)  当社が運営する学生向け就職情報サイト「[en]学生の就職情報」の営業として仕事をしています。「[en]学生の就職情報」は、力のある中堅・中小・ベンチャー企業に特化をしていますので、これらの企業に対し新卒採用の支援を行っています。

 営業とはいえ、単に「[en]学生の就職情報」に掲載していただく企業を見つける、ということが仕事ではありません。まずは、企業の経営者や人事の方にお会いをして、現在の事業課題や組織課題、今後の展望をヒアリングし、必要な人物像を一緒に考えます。その上で、求める人財が採用できるような新卒採用の企画や採用プロセス、研修などを提案。その後、求人原稿を作成するための取材や、企業の採用活動がスタートしてからのフォロー、内定者研修や新人研修の講師などを行います。関わる業務が多岐にわたるのというのが、当社の営業職の特長です。

--お仕事の中で特に印象に残っていることはありますか?

森本 入社6年目のときに、初めて新卒採用を実施する企業の支援をした時です。その企業は、これまで中途採用しか行ってこなかったのですが、これから次のステージに向かうにあたり、会社の将来を担ってくれる人を採用したいと考え、新卒採用を実施することになりました。初めての新卒採用ということもあり、新卒採用のノウハウは全くありません。そこで、どういった学生を採用したらよいのかというターゲット設定や選考フローの構築、研修の内容やスケジュールなどを一から社長と一緒に考えていきました。どうすればこの企業にとって“良い新卒採用”ができるのかを考えて、企業に向き合ったことを評価され、社長から「森本さんに全部お任せします」と言ってもらえたときは、仕事のおもしろさを実感しました。

 ただ、心残りだったのは、この企業の新卒入社1期生が入社した直後に私が産休に入らざるを得なくなってしまったこと。新卒採用は1年では完成しません。1年目の新卒採用を踏まえて、2年目はここを変えていこう、3年目はもっとこうしようと改善することで、その企業に合った“新卒採用の形”が確立していくものです。そこを一緒にできなかったというのは、残念というか、申し訳ない気持ちになりました。