NEW

20年ぶりの大ヒット曲「潮騒のメモリー」に隠された、小泉今日子の歴史とは?

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20130802uno.jpg

『潮騒のメモリー(初回限定紙ジャケ仕様~アナログEP風レトロパッケージ)』(ビクターエンタテイメント)ジャケット画像

【リアルサウンドより】

 天野春子(小泉今日子)「潮騒のメモリー」。7月20日に着うたなどで先行配信が開始され、現在(8月1日)のところ週間チャートで2週連続1位、7月の月間チャートでも1位。7月31日にリリースされたCDは、フラゲ日デイリー3位、発売日デイリー2位と上昇中。ここまでの爆発的ヒットは予測できなかったのだろう、CDショップの店頭では軒並み売り切れという報告もされている。小泉今日子、約20年ぶりの大ヒット曲の誕生である。

 言うまでもなく、「潮騒のメモリー」は朝ドラ『あまちゃん』の中で物語上の重要な仕掛けとなってきた、鈴鹿ひろ美による1986年のデビュー曲。劇中で春子がスナックのカラオケで歌い、アキとユイがお座敷列車やアマーソニックで歌い、物語が東京編に入ってからレコーディング時における秘密が明かされた。2013年、それが天野春子の名義でアナログEP盤風のパッケージとしてリリースされること自体が、ドラマのファンに大きなカタルシスを与えるという、とても入り込んだメタ構造を持った作品だ。

 小泉今日子がドラマでの役名で楽曲をリリースするのは、実はこれが初めてではない。

続きはこちらから