NEW

AKBフォーマットを離れた「恋するフォーチュンクッキー」は、歌い継がれる名曲となれるか

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 AKB48が8月21日にリリースした32枚目のシングル『恋するフォーチュンクッキー』。セールス的にも初日で109.6万枚とAKB史上歴代3位のセールスを記録。さらに、楽曲的にも非常に評価も高く、Twitterでは各界の著名人の『恋する~』への評価ツイートをまとめたものが拡散され続けている。

 先日の第5回選抜総選挙の結果を受け指原莉乃をセンターに迎えたこの楽曲は、センターの指原のソロ楽曲「それでも好きだよ」で証明済みの鼻にかかる甘ったるいアイドル的な歌声と、オーセンティックなディスコサウンドで、確信的に80年代を意識させた楽曲となっている。専門家からは総じて評価が低いBPM150~160のギターサウンドを基調とした「ポニーテールとシュシュ」「ファーストラビット」などの"AKBフォーマット"的な代表的楽曲とはかけ離れており、特に旧来からの音楽ファンに受け入れられたのは頷ける。

続きはこちら