NEW
忙しいビジネスパーソンのためのエンタメ講座(8月18日)

大腸ポリープ発覚の爆笑問題、田中は手術、太田は手術なしと“W手術”の可能性を否定

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DVD『2006年下半期 漫才「爆笑問題のツーショット」』(ビクターエンタテインメント)より
 先月7月に人間ドックを受けた際、そろって良性大腸ポリープが見つかったと先週報じられたお笑いコンビ・爆笑問題太田光と田中裕二は、8月18日9時54分~放送のテレビ番組『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演し、今後の治療方針について説明した。

 アシスタント役のTBSアナウンサー・田中みな実から手術の可能性について聞かれた田中は、「手術はしますよ。ただ、お腹切るわけじゃないし、なんでもないんで、すぐチャチャって」「入院もない」と話し、手術する予定であることを明かした。

 それを受け田中アナから「おふたりそろって手術されるのですか?」と聞かれた太田は、「僕はやんないです」と答え、手術はしない意向を示した。その理由について田中は、「太田は(ポリープが)ちっちゃいんじゃないかな」と説明した。

 またふたりそろって同時期に同じ病気が見つかったことについて、共演者たちから「仲良いですね」と“イジられ”ると、すかさず太田は、「僕のほうが先に(ポリープが)できてますから、こいつ(田中)がマネしただけだから」と言い、笑いを誘った。

 良性大腸ポリープという病気については、共演者である女医でタレントの西川史子によれば、「大腸の粘膜がもり上がったイボみたいなものなので、取れば大丈夫。内視鏡手術ですっと取れる」という。

 太田と田中は、昨年も同時期に病気が見つかり、12月に同じ病院で同じ執刀医による“W手術”(太田:声帯ポリープ除去手術、田中:へんとう除去手術)を行ったため、今回も“W手術”の可能性が報じられていたが、今回は田中のみが手術を行う見通しのようだ。
(文=編集部)