NEW

川崎市議会議長経営の介護施設、退職強要で元職員が提訴〜度重なる法令違反に改善命令も

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎市の市議会場が所在する川崎市役所(「Wikipedia」より/秋月知絵沙)
 今年6月、自民党川崎市会議員の浅野文直氏が、川崎市議会議長に就任した。浅野氏は1971年生まれ。国学院大学卒業後、衆議院議員秘書などを経て、99年に川崎市会議員に当選した。現在4期目である。

 浅野氏は議員としては躍進したが、一方でやっかいな問題を抱えている。自ら経営していた介護施設の職員解雇をめぐって、解雇された職員とパートタイマーから訴えられているのだ。

 浅野氏は議員の傍ら、デイサービス(通所介護)を提供する株式会社リ・ケア多摩の代表取締役を務めていた。だが、実質的に権限を行使していたのは「リ・ケアグループ代表」の肩書を持つ小嶋喜芳氏だったという。小嶋氏は川崎市議に立候補(落選)した経験もある。

 事の発端は、ひとりの職員の解雇をめぐる問題だった。この職員は山口和寿氏(40)。
山口氏は2008年3月にリ・ケア多摩に入職したが、入職してみたら、何よりも次のような労務上の問題が目立ったという。

・前職よりも高い報酬を支払うとの約束だったが、前職の年俸410万円をはるかに下回る328万円を提示してきた。山口氏はこれを拒否し、393万円に決定した。
・給与支給日に給与明細を本人に渡さず、各人のロッカーの扉に表面を上にして貼り付けていた。
・パートタイマーに有給休暇の取得が許されていない。
・休日出勤と深夜業務が無報酬である。

 これらの問題以上に山口氏が懸念したのは、上司である管理者の飲酒運転である。管理者は仕事が終わってから、たびたび事務所内で酒を飲み、リ・ケア多摩と書かれた送迎用の車を運転して帰宅していた。山口氏は「何度も注意をしたが、改まらなかった」という。

 そして10年3月、山口氏は社長の浅野氏にメールを送り、話し合いを求めた。だが、放置されたままだったと山口氏は次のように話す。

「もう1週間待ってほしいと返信があって以降、なんも連絡がないので、再度メールして法令違反の存在を伝えたら、FAXでまとめて送ってほしいと伝えてきた。そこで、有給休暇、超過勤務手当、飲酒運転について指摘したら『調べるから待ってほしい』と返事があった。5月になっても返事がないので、再度メールしたら『1週間後に返事をする』と返信されたが、返事はなかった」

 その直後、いきなり上司の管理者から「山口がいるとやりづらいから辞めてほしい」と言われ、山口氏は退職の意思を固めたものの、退職日については保留した。6月に入って山口氏は、退職日を同年11月10日付とした退職届を提出。しかし、会社側は受け付けず、山口氏はグループ代表の小嶋氏や管理者から「早く辞めろ。相談員としてできていない。要らない」と迫られたが、応じなかった。

 この間、山口氏は川崎北労働基準監督署にも相談に訪れたが、担当官は「本人と会社が話し合うしかない」の一点張り。そこで知人の社会保険労務士に相談したところ、神奈川シティユニオンを紹介され、加入した。一方、会社からは浅野社長名義で他の運営施設への異動が命じられていたが、山口氏は拒否した。

●“通せんぼ事件”で警察沙汰も

 そして6月下旬の朝、パートタイマーたちの前で“通せんぼ事件”が勃発する。

 山口氏が出勤して事務所に入ろうとするのを、管理者が身を盾にして拒んだのだ。管理者は「山口の配属先は向こうだから」と言って、山口氏が右に移動して入ろうとすると、管理者はカニ歩きして右に、左に移動すると管理者は左にカニ歩きして、通せんぼをして入室を拒むというシーンが演じられた。

 山口氏はパートタイマーが入室するときに、入り口と管理者との間に生じた空間から瞬時に入室した。通せんぼはこの日だけで終わらず、数日後に再び行われた。今度は別の施設の管理者U氏(仮名)が来て、通せんぼをしたが、そのシーンが山口氏に携帯電話で録画されている。

 録画された映像を見ると、U氏は両手を自分の顔の位置まで上げ、体を左右に移動させながら、山口氏の入室を拒んでいる。そして突然、山口氏が転倒した。「手で突かれて倒された」(山口氏)という。その直後、U氏は「部外者が侵入しようとしている」として、山口氏は「暴行を受けた」として、それぞれが110番通報をした。駆けつけた多摩警察署のパトカーに分乗して、2人は警察署に向かうという事態にまで発展した。

 翌日、山口氏が出勤すると、管理者が泣きながら詫びてきたというが、その翌日、この管理者はまたしても山口氏を通せんぼした。近所に住むパートタイマーは「通せんぼが始まったという連絡が入ったので見に行ったら、本当に通せんぼをしていた」と苦笑い。この通せんぼは、別のパートタイマーが管理者に「みっともないからやめなさいよ」と注意して終了した。

 それでも翌日に、管理者によって4回目の通せんぼが行われたのだった。山口氏は管理者の家族と顔見知りだったので「あなたのお母さんに、このことを話すよ」と言ったら、通せんぼを中止したという。

 そして6月29日、浅野氏が小嶋氏とU氏を伴って会社に現れ、山口氏に解雇を通告した。異動に応じないこと、110番通報の原因をつくったこと、体当たりをして入室しようとしたこと、鍵を返却しないことを解雇理由に挙げた。このシーンは山口氏が撮影した動画に記録されている。

●会社側に1年間の賃金相当額の支払い命令

 その後、神奈川シティユニオンと会社側とで2回の団体交渉が行われたが、決裂したため、山口氏は、業績悪化を理由に解雇された2人のパートタイマーと共に神奈川県労働委員会(神労委)に不当労働行為救済を申し立てた。