NEW

「海外でツアーしたほうが儲かる」BorisのAtsuoが語る、日本のライブ環境の特殊性

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Boris_HR_1.jpg

Borisアーティスト写真

【リアルサウンドより】

 Borisは92年から活動を開始し、00年代以降は海外でのライブ活動を精力的に行うようになり、08年には21カ国100本以上の海外公演を行った、その一方で映画『告白』(2010年)への楽曲提供や「銀座ジュエリーマキ(2012年)」のCMソングにも起用されるなど、国内外を縦横無尽に活動するBorisのAtsuo氏(Drums/Vocal)に、海外でのライブの現状及び国内の音楽シーンについて話を聞いた。

――Borisは海外での活動をメインにしているというイメージがあるのですが、最初に海外公演を行うようになったきっかけはどういったものだったのでしょうか。

Atsuo:一番最初は96年か97年くらいだったかなあ。今でいう「クールジャパン」的なイベントをシアトルでやっている人がいて、そこに呼ばれて。萌えキャラがアートとして配置されてるようなギャラリーでライブをやるような。その当時は、僕らが影響を受けたMELVINSとかがシアトル周辺から出てきていたということもあって、特に何も考えずに行ったんです。

続きはこちら