NEW

「物語性の先に辿りつきたい」でんぱ組.incのプロデューサー・もふくちゃんが語るアイドル論

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20130922denpa1.jpg

でんぱ組.incアーティスト写真

【リアルサウンドより】

 でんぱ組.incのプロデューサーで株式会社モエ・ジャパン代表の“もふくちゃん”こと福嶋麻衣子氏が、でんぱ組.incと自身のプロディース手法について語る集中連載第1回。でんぱ組.incが昨年リリースした『W.W.D』は、ひきこもりやいじめといったメンバーの過去を描き出して話題を呼んだ。しかし、でんぱ組.incの産みの親であるもふくちゃんにとって、『W.W.D』は必ずしも想定していた作品ではなかったという。その続編となる『W.W.DⅡ』のリリースを10月2日に控える今の率直な気持ちを聞いた。インタビュアーは、もふくちゃんの出演するラジオ『妄想科学デパート AKIBANOISE』(TOKYO FM)も担当する放送作家・エドボル氏。

――『W.W.DⅡ』がいよいよリリースされますね。先日の日比谷野外音楽堂のライブのMCで古川未鈴ちゃんが「ヒャダインさんから『これは今しか歌わせられない』というお話を聞いた」ということを言っていましたが。

もふくちゃん(以下、もふく):これは個人的な意見なんですけど、実は「W.W.D」シリーズに自分としても不安な部分があったんです。というのも、私は気質的に古いタイプのオタクなので、「あまりアイドルにそういうことをさせたくない」という思いがあって。だから、ヒャダインさんとスタッフを信じて、勇気を出して発表した、という感じですね。

続きはこちら