NEW

デビュー20周年の鬼才・石田ショーキチ登場 Spiral Lifeと90年代の音楽シーンを振り返る

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
shokichi1-1.jpg

現在は音楽プロデューサーとしても活躍する石田ショーキチ

【リアルサウンドより】

 1993年にSpiral Lifeのメンバーとして、1stアルバム『FURTHER ALONG』で音楽界にデビューした石田ショーキチ(当時は石田小吉と表記)。約3年という短い活動期間ながらも鮮烈な印象を残したSpiral Lifeを経て、Scuderia Electro、MOTORWORKSといったユニットで精力的に活動する一方、音楽プロデューサー、エンジニアとしても大きな足跡を残してきた。彼はまた、ポピュラー音楽史に関する知見や、音楽業界やシーンに対する鋭い分析眼にも定評があり、リアルサウンドでもぜひ詳しくお話を聞きたいと考えていた。全3回でお届けする集中連載インタビューの第1回目では、デビュー作を新たにミックスした経緯から、Spiral Lifeが目指したもの、さらには90年代の音楽業界についても語ってもらった。

――石田さんがSpiral Lifeのメンバーとしてデビューしてから今年で20年。先日、1stアルバムを『FURTHER ALONG-20th anniversary mix-』として新たにミックスされましたが、20年ぶりに同作と向き合ってみて、どんな感想を持ちましたか?

石田:「自分のものであって、自分のものでない」という感覚でしたね。こういう音楽家は多いと思うのですが、僕はマスタリングまで終わったら、自分の作品を聴かないんです。それどころか、家でも音楽をあんまり聴かないので、まさに“作りっぱなしの20年”だった。『FURTHER ALONG』が僕にとって大事な作品であることは間違いないけれど、いざマルチデータを開けてみると、「こんな曲あったっけ?」という曲もあるし、どこまで自分で演奏して、どこからサポートミュージシャンにお願いしたかわからない曲もある(笑)。ある意味で、初めてプロデュースする若者と向き合うような感覚もありました。

続きはこちら