NEW
牛窪恵の 女ゴコロがブームを創る! 第14回:「ヌード撮り」

ヌードに変身…女性のフォト撮影ブームの舞台裏〜アラフォー中心に広い世代で人気のワケ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系列)などでおなじみの世代・トレンド評論家、牛窪恵氏。本連載では、8月23日に『男女1100人の「キズナ系親孝行、始めました。」』(河出書房新社)も出版した牛窪氏が毎回、賢くも楽しく生きる女子たちの“生態”を通じて、彼女たちが新しいマーケットやブームをつくりだしていく現実と可能性について探る。日本の将来は、女ゴコロしだい!?

 突然だが、あなたはカノジョが「ヌードを撮りに行く」と言ったら、どう反応するだろう?

「おいおい、恥ずかしいからやめろよ」……?

 だが今、巷では女性専門のヌード撮りフォトスタジオが大盛況、なのだ。

(女性によるヌード撮りで話題のフォトスタジオ「スタジオ アイビー」)

 地下鉄表参道駅から徒歩5分の場所にある、「スタジオ アイビー(studio IVY)」(東京都渋谷区)もそのひとつ。

 2011年4月、チル・プロダクションが「女性による女性専門フォトスタジオ」として開業。6月にメディアで「メモリアルヌード」が取り上げられた途端、「キレイなヌードを残したい」と希望する女性からの予約が殺到した。そして7月には、全撮影枠(75組)が完売するまでになったのだ。以来、ここにはヌード撮りを希望する女性たちが、ひっきりなしに訪れる。

主な内容は、次のとおり。

●基本プランの所要時間は、約1時間半

●100枚以上の撮影で、料金は33,600円

●撮影データはDVDで即日受け取り、メイク・ヘアメイクのお直しもしてくれる

●カメラマンだけでなくスタッフも全員女性で、リラックスして撮影しやすい

スタジオアイビーのサイトには「新しい自分を発見したい」の文字も躍る)

 気になる女性の年代だが、訪れるのは30代後半、いわゆるアラフォー女性を中心に、20代から60代まで幅広い。リピート率は3人に1人。あくまでも一般の女性たちが、“自分のキレイ”を残しておくためにやってくる、とのこと。

 中には、自分の新たな一面を発見したり、ヌード写真の美しさに感動して、「来てよかった!」と涙する女性もいるという。