NEW

「歌詞がエグい」と話題のRADWIMPS新曲は、バンドにとって新しい境地

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 RADWIMPSが10月16日に発売するシングル『五月の蝿 / ラストバージン』。ネット上では早くも、「『五月の蝿』の歌詞がヤバイ」と話題になっている。

 同曲は16日より24時間限定で先行試聴が行われ、ファンが歌詞を聞き取ってアップしたことで注目を浴びた。その内容を見ると、「僕は君を許さないよ 何があっても許さないよ」という歌詞から始まり、君が通り魔に刺されていたとしても、僕はそのはらわたで縄跳びをする……という主旨の、衝撃的なフレーズが続く。ネット上では「エグい歌詞だな」「どうしたんだ!?」「メロディはいいんだけど……」など戸惑いの声が広がっている。

続きはこちら