NEW

"驚異の16歳"が鳴らす、ドライで痛快なロックンロール! ザ・ストライプス来日公演レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20131013strips-01.jpg

ザ・ストライプスのライヴ模様

 2011年に平均年齢16歳のメンバーで結成されたアイルランド出身のバンド、ザ・ストライプスが現在、日本ツアーを行っている。各地の公演チケットはほぼソールドアウトで、10月18日には『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)への2度目の出演も決まっているという。洋楽の若手バンドとしては久々に大きな盛り上がりを見せる、彼らの魅力とはいったい何なのか。音楽ライターの青木優氏が、10月9日の恵比寿リキッドルーム公演の模様と、バンドの横顔をレポートする。(編集部)

 ザ・ストライプスは、間違いなく、最新型のロックンロール・バンドだ。再び日本を襲来した4人の雄姿を目撃して、あらためてその思いを強くした。

 僕が見ることができたのは、今回の日本ツアー2日目の10月9日、恵比寿リキッドルーム。9月にリリースしたデビュー・アルバム『スナップショット』が全英で初登場5位を獲得した勢いに乗っての再来日公演である。

続きはこちら