NEW
忙しいビジネスパーソンのためのエンタメ講座(10月8日)

松本人志・中居正広、芸能ニュース報道に苦言「本当じゃないこと出る」「誤報怖い」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中居正広(『中居正広in「模倣犯」--ピースの世界 』<角川書店>より)
「普段スクープされる側の芸能人が、個人の見解を話しに集まるワイドショー番組」というコンセプトの新テレビ番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)が、10月7日23時10分~放送され、初のワイドショー・レギュラー出演となる松本人志(ダウンタウン)とゲスト・コメンテーターの中居正広(SMAP)が、日々報じられる芸能ニュースに苦言を呈した。

 まず、進行役の東野幸治から「ワイドショーは普段ご覧になりますか?」と聞かれた中居は、「ワイドショーは、ほとんど見ないです。自分のことを話されることもありますし、ほかの人の話を聞いて、それを鵜呑みにしてしまって、番組で会った時の温度が決まってしまうのがイヤです。自分が本当じゃないことが出たりすると、すごくイヤじゃないですか。多分そういうふうに見られてるんだと思って」と、日常では芸能ニュースを目にしないようにしていることを明かした。

 続けて、メディアの報道姿勢についても「本人のコメントを取って取材しているテレビ局って、あんまりないよね」「ネットニュースは一切見ないですね」と否定的発言を寄せる中居から、「スマホのニュースを、どれだけ信じていますか?」と聞かれた松本も、「俺も結構ネットニュースに載せられて、『そのニュアンス、違うねんなぁ……』というのが、半分以上あるね」と違和感を示した。

 芸能ニュースを信じられない事例として中居は、3月に結婚した矢部浩之(ナインティナイン)に対し、中居が結婚祝いに数百万円をプレゼントしたと一部メディアで報じられた時の体験を挙げた。中居は「僕、ラジオをやってたんですけど、オープニングの(トークテーマ案を記した)紙で、『ヤベッチに、結婚祝い何百万円プレゼント』って書いてあったんですよ。『え? 何これ? どうした? 俺、全然知らないわ』って言って。スタッフも20年一緒なんですよ。ちょっと待ってと、(ニュースに)出てしまうのはいいんですけど、20年も付き合っている人が、そんなニュースを話させようとしているのが怖かったですね。こんなに近い距離の人が信じているということは、全国の人ほとんど信じてますね」と困惑した様子を見せた。

 ちなみに、東野から「つまり中居さんは、矢部さんにまだ祝いは渡してないと?」と聞かれた中居は「会ってもない」と釈明した。

 続けて、5月に不倫スキャンダルが報じられ、9月にはテレビ番組『ジョブチューン』(TBS系)を正式に降板し、スキャンダル前に出演していたレギュラー番組すべてを降板した格好となった矢口真里についても言及。

 中居は、矢口が現在“激太り”しているとの一部報道についても、「“激太り”の下りが余計なんだよ。(進行役の)三田(友梨佳/フジテレビアナウンサー)が取材してみて、“激太り”だって感じたんならわかるんだけど、それ何情報なの?」と批判。すかさず松本も、「本人はこういうところが腹立ったりすんのよ。どうってことないことなんですけど、『松本が紺の車で走り去った』とか。『俺、紺の車なんて乗ったことないやん』って。俺の趣味としてイヤなんです」と同調した。

 中居はさらに、矢口が自宅で不倫現場を夫に目撃されたとの報道についても、「本当にはち合わせしたの? それは本人しかわからないわけで、週刊誌が目の前で『あっ、はち合わせてる』ってことじゃないでしょ?」と報道への批判に加えて、「このニュースが流れた時、ワイドショーとかで関係ないタレントさんとかが、『(矢口は)出て、謝罪するべきよ。コソコソしないで会見開くべき』って言う、そういう人、何人か見ましたけどね。でも『テメーに言われる筋合いないんじゃないのかな』っていう」と、テレビでコメントを寄せる芸能人にも苦言を呈した。

 番組内ではこのほかにも、矢口や不倫相手の友人らの証言などが報じられている点などにも触れられ、事件やスキャンダルの関係者がメディアに情報提供する際の謝礼について、芸能リポーター・井上公造は「今はテレビではない。スクープ至上主義ではないから。雑誌では安くて5万円、よほどのスクープで20~30万円はいくことがある」と明かした。

 今回の放送からは、ニュースを報じられる側の芸能人たちの本音が垣間見えた。
(文=編集部)