NEW

授業中にすき焼き!? 名門麻布学園のトンデモ学園生活とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ハピズムより】

azabu.jpg
画像は、Wikipediaより

 麻布学園といえば、開成、武蔵と並ぶ御三家。2013年度には、開成、灘、筑波大附属駒場に次いで、4位と少しランクを落としたが、それでも82名の東京大学合格者を出している。御三家といわれるゆえんは、戦後から今に至るまで東大合格者数で上位10位以内をキープし続けてきただけでなく、数多くの有名人を輩出してきた背景もある。

 麻布出身の著名人はあまりに数が多いのだが、少しだけ紹介すると、往年のコメディアン「フランキー堺」、発明家の「ドクター中松」、国際弁護士の「湯浅卓」、小説家の「北杜夫、吉行淳之介」、政治家には「橋本龍太郎、福田康夫、中川昭一、与謝野馨」。芸術方面では、ジャズピアニストの「山下洋輔」脚本家の「倉本聰」漫画家の「黒田硫黄」。そういえば日本テレビの看板アナウンサーである「桝太一」もその1人だ。もう、紹介だけしていたらそれだけで記事が終わってしまうので、ウィキペディアにまかせるとして、とにかくすごい人数の有名人が麻布高校出身であることは、おわかりいただけるはず。そしてまた、奇人変人の類いが多いこともわかるはずだ。

 その名門麻布学園で、10月5日(土)に開催予定の運動会が「生徒の不祥事」により中止となった。麻布学園に何があったのか、そう世間は思うかもしれないが、麻布学園に詳しい人間であれば「またか? 今度は何だ?」と思うのが関の山だろう。今回は、麻布学園の卒業生とともに、麻布学園の光と闇をひもといていこう。

続きを読む