NEW

自分を客観視できる!行動を「可視化」して自らを成長させる簡単な方法

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0629_sinkanjp.jpg
※画像:『書くだけで自分が9割変わる』著:中司祉岐/プレジデント社

 悩みごとがある時や、行き詰まった時、日記やSNSにその思いを書き綴ってみると、気持ちがすっきりすることがありますよね。

 何かを書く時、私たちはいやがおうにも自分を客観視します。それによって、自分の今の心の状態をはっきりと把握することができ、悩みや不安の原因を突き止めることができるのです。

 これは、精神面に限ったことではありません。『書くだけで自分が9割変わる』(中司祉岐/著、プレジデント社/刊)によると、ビジネスの場面で、自分の行動を書いて記録することで、スキルや能力が磨かれ、結果を出すことができるといいます。

 その方法はとてもシンプル。例えば、こんなことを書いてみましょう。

●自分の行動を片っ端から紙に書く

 まず、1日のできごとを片っ端から書き出していきます。

 「パソコンの調子が悪い。昼休み後、システム部の○○さんに連絡したが、対応が悪い。こちらの言い方が悪かったのか。どちらにしてもムカツク!」

 「得意先の○○社訪問。担当の××さんに、挨拶がてら新商品を説明。発注ゲット」

など、その日に起こったことや行動を思い出しながら書いていきます。

 コツは素早く、そしてたくさん書くこと。その際「いつ・どこで・誰が・何を・なぜ・どのように」という、いわゆる“5W1H”を意識して書くと、なおいいでしょう。

●1日のできごとを評価する

 次に、今書きだした1日の行動と出来事を、「○・△・×」の3段階で評価します。

 「うまくいったこと」には○を、「うまくいかなかったこと」には×を、「どちらともいえないこと」には△をつけます。この評価は主観で構いません。自分なりにうまくできたなら○、納得がいかなかったことは×、といった程度で大丈夫です。

●「うまくいかなかった」原因を考える

 この3段階評価のうち、一番大事なのは「うまくいかなかったこと」、つまり×をつけた行動や出来事です。この×を○に変えることができれば、あなたの仕事はもっとスムーズになり、成果もあがるようになるはずです。そうするためにも、なぜうまくいかなかったのかを考えてみましょう。もちろん、その理由は1つとは限りませんし、思い当たることがありすぎて、どれが本当の理由かわからないこともあります。しかし、毎日この作業を続けていくうちに、徐々に「失敗した理由」は絞られて、何がいけなかったのかがわかってくるはずです。

●「うまくいったこと」は自分の教科書に

 「うまくいったこと」にも大事な役割があります。ここまでの一連の作業を毎日続けていると、失敗例とともに「うまくいったこと」、つまり成功例も溜まっていくはずです。それは「自分の教科書」として、後々生きることになりますし、「うまくいかなかったこと」の改善方法を考える時のヒントにもなります。
 
 自分の行動を客観的に把握できること、自分と向き合って、冷静に改善点を探せること、情報がストックできることなど、頭の中だけで考えるだけでなく、「書いて考える」ことのメリットは数知れません。

 本書には、1日7分で自分自身を振り返り、成長につなげていくために、どんなことをどのように書くべきかが、専用のフォーマットと共に詳しく掲載されています。

 「なんとなくうまくいかないけど、原因がわからない」

 そんな人は、1日の行動を紙に書くことで、その不調の原因を「見える化」してみてはいかがでしょうか。
(新刊JP編集部)
※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

関連記事
面倒な「日報」で自分を成長させる秘訣
仕事が劇的にできるようになるノートの使い方
成功者が必ずやっている「苦手な人」克服法とは?
働く男性に聞いた“理想のチョコの渡され方”

『書くだけで自分が9割変わる』


1日7分。ただ書くだけで自分が生まれ変わる!今日、一日の行動を紙に書き出すことで、いま「やるべきこと」が見えてくる!

amazon_associate_logo.jpg