NEW

「土下座」、なぜ流行? ブームに隠された現代人の病

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ハピズムより】

hadakanoousama.jpg
画像は、謝罪の王様公式サイトより

 TBS系ドラマ「半沢直樹」では、「倍返し」だけでなく「土下座」が流行しました。

 また、宮藤官九郎が脚本を手がける公開中の映画『謝罪の王様』では、阿部サダヲが土下座をしている姿がメイン画像として使用されています。

 さらに、9月には衣料量販店で、客が従業員に土下座をさせ、その姿を、ツイッターにアップし、大騒動となりました。

 この土下座ブームは、単なる偶然なのでしょうか? まずは、日本人にとっての“謝罪”とは何なのか? というところからひもといていきます。

■日本人は謝罪が大好き!?
 
 日本人は、すぐに「謝罪をする民族」として世界で有名です。

 たとえば、お店に入って誰もいない時に「すみません」と声をかける。誰かに話しかけるときも「すみません」と謝る。
 
 しかし、そもそも「すみません」は「済みません」。つまり、「済む」という単語に「ません」という否定形が入っている言葉ですね。これは「このまま終了(済む)しない」ことを意味し、“今後何かします”と言っているようなものです。要するに「罪に対して何らかのアクションを起こす」という気持ちを表明した単語なのです。否定形ですから「ぬ」とか「ない」という単語で、「すまぬ」「すまない」と使うこともありますね。

【続きを読む】