NEW

岡村隆史、『いいとも』継続望む声に苦言「タモさんの気持ち考えて」「次はみのがいい」

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岡村隆史(右/『ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.2』<ワニブックス>より)
 1982年の放送開始以降、月~金曜正午から放送されてきた長寿テレビ番組『森田一義アワー 笑っていいとも!』(フジテレビ系)で、7947回目となる10月22日放送の番組終了間際に、木曜レギュラー出演陣の笑福亭鶴瓶が突然登場し、司会のタモリに「いいとも終わるってホンマ?」と質問。それを受けたタモリが「来年の3月で、終わります」と番組終了を淡々と発表し、話題を呼んでいる。

 この突然の“終了宣言”について、95年10月~97年3月に『いいとも』にレギュラー出演し、タモリと親交も深いお笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史は、先週10月25日放送のラジオ番組『ナインティナインのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)に出演し、「(タモリに『いいとも』継続を)直訴しよう。『いいとも』は残していかなあかん」などと語っていた。

 その岡村は、11月1日1時~放送の同番組に出演し、“直訴宣言”を撤回するとともに、芸能人などの間からタモリに向け数多く寄せられている「『いいとも』をやめないで」という声について、苦言を呈した。

 番組内でまず岡村は、「先週、『いいとも』やめないで、とかめっちゃ言うてもうたけど、『ちゃうなぁ』と思って」と切り出すと、そのように思い直した理由について、先日お笑いタレント・東野幸治から「みんな『やめないで』とかばっかり言うて、それを美談みたいに言うてるけど、ちゃんとタモさんのこと考えてる?」と「ピシャと」指摘されたことがきっかけだと明かした。

 続けて岡村は、「1つの番組終わるだけやん。別に(タモリが)引退するわけじゃない。数十年間ずっと月~金で朝10時半に(収録スタジオに)入って、昼過ぎまでやるタモさんの気持ち考えて」と、『いいとも』継続を望む多くの声に苦言を呈すとともに、「あんまり言うとタモさんやりづらくなる。(『いいとも』は来年)3月までやるのに」「まだ『お疲れ様』とか言うたらアカンのよ、3月までやるわけだから」などと、タモリの気持ちを斟酌する言葉も口にした。

 また、先週の『オールナイトニッポン』放送内で岡村は、タモリに『いいとも』継続を直訴しにいくと宣言していたことについても、「よくよく考えて、言いに行くのはやめた。タモさんからしたら、『なんでお前に言われるの?』ってなる」と撤回した。

 そして来年3月の『いいとも』終了後の後継番組について岡村は、「バラエティ(番組)せえへんかもわからへん。多分違うもん1回はさんでから、軌道に乗せていく番組やるんやろな」と予想。その後継番組の司会についても「いろいろ予想されている。(ナインティナインにオファーが)来ても、よーせんよな。100%けえへんけど、絶対無理やな、想像つかへん。次は大変」と“ポスト・タモリ”のプレッシャーの重みを口にし、「みの(もんた)さんがやればいい」と、次男の窃盗未遂事件を受け、10月26日に出演中のすべての報道番組から降板することを発表した司会者・みのもんたの名前を挙げた。これを受け相方・矢部浩之も「話題性もあるしな」と同意した。

 このほかにも番組内で矢部は、メディアで後継番組の司会が誰になるのかさまざまな臆測が流れ、一部報道で矢部の名前も挙がっていることについて触れ、「ネットで出てる。(フリーアナウンサーの)福澤(朗)さんとか、『意外にナイナイ矢部。(妻の)青木(裕子)はもともとTBSで、そのパイプで矢部の名前挙がっている』とか。でも大したパイプないし」と否定した。 

『いいとも』は02年4月に、放送開始5000回目の達成記念に単独司会者による生放送の長寿記録として、03年版ギネスブックに認定されるなどし、同番組にレギュラー出演することが“メジャー芸能人”への登竜門とも見られてきた。

 10月22日に番組終了を発表したタモリは、番組内で「フジが32年間守ってくれた。感謝しても感謝しきれません」とコメントし、共演者の中居正広(SMAP)も「本当に3月いっぱいで終わるんですか?」と動揺する表情を見せ、観覧席からは「嫌だ!」などと絶叫する声も聞かれた。

 この“終了宣言”を受け岡村は、先週放送の『オールナイトニッポン』内で、過去にレギュラー出演していた頃の経験として、本番放送開始直前にスタッフが観客を盛り上げ“温める”前説から本番に入っていく一連の流れを絶賛し、「スタッフは一回前説見たほうがいい。みんなそこを経験して学んでいく。生放送の緊張感がすべて詰まっている。(収録スタジオである東京・新宿の)アルタのお客さんはノリはええけど、引くときは“ポン”って引くからね。『今日調子いいな』って思ってオモロないこと言うと、さっと引く」と、自身の経験から“いいとも秘話”を語っていた。そして、「いいともに出ることはステータス。レギュラーになったっていう、国民に『あなたはタレントさんですよ』って認めてもらうことになる」と『いいとも』に出演することの重みを強調していた。

 一方、30年以上続く『いいとも』は、近年ではその視聴率低迷が叫ばれることも多く、しばしばタモリとスタッフの不仲説やタモリの健康問題などに関する噂が一部週刊誌などで報じられ、「番組打切り」が話題になることもあった。
 
 10月22日の番組終了発表以降は、終了の理由や後継番組の司会役候補などに関する情報が早くも取り沙汰され、世間を賑わせている。
(文=編集部)