NEW

キスマイ後列「舞祭組」の中居プロデュース秘話も 新番組『Sound Room』のコンセプトとは

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中居正広とリリー・フランキーがMCを務める新音楽番組『Sound Room』(TBS)が、11月12日、11時58分より放送された。

 同番組は、MCのふたりが出演者の楽曲を事前に聴き込み、その感想や魅力を出演者とともに語り尽くたうえで、ライブを披露するという、これまでありそうでなかった内容。多くの音楽番組がその方向性を模索する中、音楽を軸としたストレートな路線を選択したのは、今年9月に同局の『火曜曲!』が視聴率の低迷により打ち切りになったことを踏まえてのことだろう。渡辺正一編成部長は『火曜曲!』終了時に「音楽番組については一度リセットしたい。(中略)30分のしっかりとしたパッケージで音楽と向き合う番組をやっていきたい」と語っていたが、同番組のコンセプトはその言葉に沿っている。そういった意味では、同局で今年4月から放送開始した『アーティスト』とともに、今後のTBSの方向性を担う番組といえそうだ。

続きを読む