NEW

女優・前田敦子は今後も歌い続けるのか? ローマ国際映画祭受賞で見えた進路

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20131118-maeda-02.jpg

映画『Seventh Code』より

【リアルサウンドより】

 前田敦子が主演、黒沢清が監督を務める映画『Seventh Code』が11月16日、第8回ローマ国際映画祭にて監督賞(Best Director Award)と、技術貢献賞(Award for Best Technical Contribution)を受賞した。本映画祭で日本映画が受賞するのは初めてであり、黒沢監督は「ローマ国際映画祭に出品できただけでも十分満足しておりましたが、受賞の報を聞いて大変驚いています。他にも素晴らしい作品が数多くある中で、今回の作品に賞を与えてくれたことを、とても嬉しく思っています」とコメント。前田も「黒沢監督凄い! ビックリしすぎて意味がわかりません。私は監督の指示に従っただけですが、私もすごく嬉しいです! 監督賞、技術貢献賞、本当におめでとうございます!」とのコメントを発表した。

 『Seventh Code』は、前田の主演を前提に黒沢監督がオリジナルストーリーを書き下ろした映画。AKB48を卒業後、かねてより夢だと語っていた女優への道を、本格的に歩み始めている前田だが、本作の成功によりその評価はどのように変わるのだろうか。AKB48全般に詳しい放送作家、エドボル氏に訊いた。

続きはこちら