NEW

アイドルシーンはファミリー層に拡がるか? ジュニア世代の人気者Dream5が挑む「壁」

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 『天才てれびくんMAX』(NHK Eテレ)で誕生したユニット、Dream5がこれまでの“子ども向け路線”から脱却し、本格的にアイドルシーンへと参入し始めている。

 Dream5は、メンバー全員が高いダンススキルを持っているうえ、日々美思の優れたアイドル性や、重本のパワフルなボーカルといった強みもあり、子ども向け番組発ということとも相まって、10代前半を中心に多くの支持を集めてきた。ただ、アイドルシーンという枠においては、明確な立ち位置が定まっていないように見えるのも事実である。メンバーに高野洸という男性メンバーを含んでいることもあり、2012年に入るまではアイドルとは別の枠での活動が続いていた。しかし、今年はTokyo Idol Festivalへの出演を初め、様々なアイドルライブへの出演を果たし、活動の場を広げようとしているのが明白だ。

続きはこちら