NEW
「ダイヤモンド」vs.「東洋経済」! 経済誌双璧比べ読み(11月第4週)

現役証券マンがNISA勧誘の悪質手口を告白~無知な客には損な商品を勧める?

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「写真素材 足成」より
 「週刊ダイヤモンド」(ダイヤモンド社/11月23日号)は『守る資産運用』という特集を組んでいる。

「じわじわと物価が上昇し始め、来年4月の消費増税も決まった。デフレ時代には、預金は持っているだけで実質価値が増えた。今後インフレが進むとすれば、預金は逆に目減りするリスク資産となる。だからといって、いきなり預金を投資に振り向けるのも、元本が減ってしまいそうで怖い。そんな読者のために、資産を減らさないことに重点を置いた、『守り』の資産運用術を伝授する」という内容だ。

 出版元のダイヤモンド社といえば、マネー雑誌「ダイヤモンド・ザイ」もあることから、投資関係に強く、マネー運用はこれまでも何度も特集されてきた。かつて“毎月分配型の投資信託は、利益が出ていないのに元本を取り崩す特別分配金を利益だと思い込ませて販売している”と批判するなど、投資家目線もあって定評を得てきた。

 来年1月からはNISA口座(少額投資非課税制度)が始まる。今後は投資に関する知識もますます必要となるだけに、読んでおいたほうがいい特集だ。

●NISA開始まで、あと1カ月

 10月、NISA 専用に開設された口座数は300万に達した。NISAに関しては、以前当サイトに掲載された記事『高齢者マネーを襲うワナ…NISA口座争奪戦でハイリスク&高額手数料商品の売り込み過熱』(http://biz-journal.jp/2013/07/post_2496.html)を一読いただきたい。

 なお、今回の特集でも、『覆面ホンネ座談会 あなたの資産を狙う証券・銀行・投信業界“悪いやつら”の魂胆』でNISA口座の投資勧誘について語っている。

「NISAには、手数料が安いインデックス投信やETF(上場投資信託)が向いているといわれます。でもそれじゃあ証券会社の取り分が少ない。だから実際には、何も知らないお客さんには、手数料が3%台の日本株ファンドなんかを勧めてますね。NISAに向いていない通貨選択型、毎月分配型のハイイールド債券投信でも、とりあえず提案はするようにと上に言われてます」とは現役証券マンの声だ。

 特集記事Part1『これで守る! タイプ別資産運用術』では、元本割れの許容度(リスク許容できない、リスク最大20%、リスク最大40%)と、投資先をどこまで広げるか(日本国内のみ、先進国まで、新興国も含める)という点から、守りの資産運用ポートフォリオを提示する。

 特集記事Part2『本誌独自! 投資商品ランキング』では、国内外の株・債券・J-REIT(不動産投資信託)などの投資信託の中から、資産を守る“下振れしにくい”投信をランキング形式で紹介している。

●投信をこき下ろして、圧力がかかったことも…

 今回、ご紹介したいのは、今号の特集について、同誌のホームページ・ダイヤモンドオンラインで鋭いツッコミを入れている連載「山崎元のマルチスコープ」の『週刊ダイヤモンド「守る資産運用」特集の読みどころとツッコミどころ』(http://diamond.jp/articles/-/44729)という記事だ。

 山崎氏は経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員で、「週刊ダイヤモンド」でも今年の5月まで、10年以上にわたって資産運用をテーマとした連載を持っていた人物だ。投資の際にも、手数料の安いETF(インデックス)を勧めるなど、個人投資家目線での商品選びには定評がある。

 連載を終えても舌鋒鋭く、山崎氏は「(ダイヤモンドのマネー運用特集は)筆者も何度かお手伝いしたことがある。かつて、巨額の残高を集めた毎月分配型の投資信託をこき下ろして、投信会社が編集部ではなく広告部に抗議してきたことなどを(セコイなあ!)、懐かしく思い出す」とさりげなく、投信会社の圧力を明かす。

 ちなみに、企業が出版社に圧力をかけるのは、編集部ではなく直接やりとりする広告部が一般的だ。編集部に圧力をかけても反発されるだけだが、広告部はスポンサーの意向を汲み取って社内をネゴに回るからだ。つまり、「セコイ」というよりも常套手段だ。