NEW

ひとつの願いに固執して幸せを逃していない?なかなかかなわない願いは一度手放してみよう

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0629_sinkanjp.jpg
※画像:『願う前に、願いがかなう本』著:Keiko/大和出版

 毎日、幸せを感じて生きている人がいれば、願っていることがなかなかかなわず「なんで上手くいかないんだろう?」と思う日々を過ごしている人もいます。

 この両者の違いはどのように生まれるのでしょうか。

 そのヒントが、月間380万PVを記録する人気ブログを持つソウルメイト研究家・Keikoさんの著書『願う前に、願いがかなう本』(大和出版/刊)に書かれていました。

 本書では、宇宙とつながり、幸せを引き寄せる「願望実現メソッド」が紹介されているのですが、願いをかなえられる人、幸せになることができる人はこんなことを実践しているそうです。

●「何がなんでも」じゃなく「ま、いっか」

 よく意識しすぎると、失敗してしまうことがあります。願いもそれと同じ。がんばりすぎるとかなわなくなるといいます。

 これはエネルギーバランスの問題で、例えば、仕事が徹夜続きのときは、休みたくなりますが、これは身体がバランスを保とうとするから。願いも同じで、「かなえたい」という方向にエネルギーがいきすぎると、逆方向の力が働きます。

 だからコツは、願うのはいいけれどそれに固執しないこと。「かなったら嬉しいけれど、かなわなくてもま、いっか」、それくらいゆるい気持ちでいましょう。

●いったん願いを手放してみよう

 夢中になりすぎてしまうと、周囲が見えなくなることはないですか? 実は願いも同じ。ひとつの願いごとに固執してしまうと、自分にとって本当の幸せをつかむチャンスがきても、見逃してしまうことがあります。

 「いくら願っても、ぜんぜんかなわない!」という人は、「ああしたい、こうしたい」という意識を一度捨てて、白紙に戻してみましょう。すべてを手放してみると、入りすぎていた力がゆるんで、スコーンと願いがかなったりするものですよ。

●邪魔が入るときは方向転換しよう

 気になる異性とデートをしようとすると、なぜか邪魔が入るということはありませんか? 急な残業を頼まれたり、直前に風邪をひいて熱が出たり、荒天で交通機関がマヒしたり…。

 これらは全て、宇宙からの警告とKeikoさんはいいます。長い間うまくいかないのは「そっちにいったらダメ」というお知らせです。かなわない願望を願うのをやめるということは、あきらめることではなく、幸せな方向にシフトすること。私たちの最終目的は願いがかなうことではなく、幸せになることです。なぜか邪魔が連続してはいる時は、潔くあきらめてみるのもひとつの手です。

 自分の願っていたことが実現して嬉しくない人はいないはずし、幸せが舞い込んでくる体質に憧れている人も多いでしょう。

 宇宙からのサインを見逃さずに受け取り、行動に移す。そこから、幸せに溢れた毎日への道筋ができていきます。もし、日々の生活の中で「あっ!」と思うことがあれば、それは宇宙からのサインかもしれませんよ。
(新刊JP編集部)
※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

関連記事
不幸を引き寄せてしまう人の特徴
悲観的な人間は幸運に恵まれやすい?
運を引き寄せる人と逃がす人の違い
運気が良くなるちょっとした習慣

『願う前に、願いがかなう本』


自分の願っていることがかなったら嬉しい。でも、願う前にかなっちゃったら、もっとよくない?愛もお金も幸せも、すべて手に入れたいあなたへ。引き寄せのカリスマがはじめて明かす願望実現メソッド

amazon_associate_logo.jpg