NEW

JPOP界で台頭するトラック・メイカー EXILEから西野カナまで手がけるBACHLOGICとは

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 EDMムーヴメントが輸入されて以降、“トラック・メイカー”という言葉が一般層へも浸透してきた昨今。プロデューサーとは「作詞・作曲・編曲」までを手掛けるイメージではあるが、トラック・メイカーとは、その名の如く作詞・作曲された楽曲の“トラックを担当する”アレンジャーを指す言葉である(その場合、作詞家はソングライター、作曲家はコンポーザーとなる)。

 今では広義でプロデューサーとトラック・メイカーはイコールとされることも多いが、その役割は本来、似て非なるものである。そんなトラック・メイカーという言葉が広く知られる要因を作ったのが、ダンス・ミュージックの台頭であろう。

続きはこちら