NEW

ももクロ、エビ中に続くのは? スターダストのアイドル戦略を徹底分析

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 アイドルの歴史を振り返ってみると、「こんな大物女優が、昔アイドル・グループにいたんだ!?」と驚くことがときどきありますよね。たとえば上戸彩はZ-1という4人組アイドルのひとりでしたし、満島ひかりはFolder5のメンバーとしてユーロビートでぴょんぴょん踊っていました。そんな「ビッグネーム輩出ユニット」として史上最高のコスト・パフォーマンスを見せたのは、「桜っ子クラブさくら組」でしょう。

 1991年4月から1994年8月に放送されていたテレビ朝日のドタバタ・バラエティ番組『桜っ子クラブ』。若き日のSMAPやTOKIOもレギュラー出演していたので、熱心にご覧になっていたアラフォー女子のみなさんもいらっしゃるのではないでしょうか。ちなみに「SMAP 森くん ハイキック」で動画検索するとヒットする、活気あふれる番組です。そんな『桜っ子クラブ』のメインに据えられたのが「桜っ子クラブさくら組」という女の子ユニットでした。

 番組のタイトルからして、この4年ほど前に終息したおニャン子クラブ・ブームの再燃を狙った企画だったことは明白ですが、大きなヒットにはならず、シングルを3枚リリースして番組終了と共にひっそり解散しました。グループとしての知名度はおニャン子の足下にも及ばないものの、その後のメンバーの活躍ぶりを見れば「桜っ子クラブさくら組」の偉大さに気づきます。

続きはこちら