NEW
あの名作の過去と未来【2】

「弟分はヤクザに薬中にされ死亡」壮絶!『はだしのゲン』島根の"閉架騒動"とはなんだったのか?

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「視点をクリアにする情報誌 月刊サイゾー」の記事がウェブ上で読める「サイゾーpremium」の記事から、ユーザーの反響の大きかった記事をピックアップしてお届けします。

1312_gen.jpg
『はだしのゲン 第1巻 青麦ゲン登場の巻』(汐文社)

『はだしのゲン』は、2012年12月に亡くなった中沢啓治氏(享年73歳)の体験をもとにした自伝的マンガ作品である。全10巻のあらすじは……

 広島市に住む国民学校2年生の主人公・ゲンは、1945年8月6日に投下された原爆で父、姉、弟を失い、自身も原爆症で毛髪が抜け落ちる。母と生まれたばかりの妹のために奔走する中、死んだはずの姉と弟に似た、夏江と隆太と出会う。だが、ほどなく妹は1歳のときに栄養失調で、母も夏江もゲンが中学のときに原爆症で死んでしまう。初恋の相手も原爆のせいで死に、弟分のムスビはヤクザに麻薬中毒にされ金を奪われて死亡。隆太はその敵を討つためヤクザを射殺、自首しようとするが、ゲンは「お前は原爆の恐ろしさを証言できる大事な見本じゃ」と逃がす。そして画家を目指して東京に向かう――というものだ。

続きは、サイゾーpremiumのご購読ご登録(有料)でご覧いただけます!