NEW

「正直、軋轢もありました」“外の人”が赤裸々告白!日本マイクロソフトがコミケに参加し続ける理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オタクに"なるほど"面白い!オタクニュース・ポータル「おたぽる」より

1312_craudia1.jpg
マイクロソフトのWindows Azure“公認”キャラクター・クラウディア窓辺の“外の人”戸倉彩さん。

 2012年冬、2013年夏に続き、今冬の「コミックマーケット85」(以下、コミケ/2013年12月29日~31日開催)に出展が決まった超大手IT企業・マイクロソフト。前回、前々回は、DSP版Windows7の“非公式”キャラクター・窓辺ななみ(CV:水樹奈々)、同じく非公式のDSP版Windows8キャラ・窓辺ゆう(CV:西明日香)、窓辺あい(CV:田村奈央)の双子姉妹。そして、同社が提供するクラウドサービス・Windows Azure(アジュール)の“公認”キャラクター・クラウディア窓辺(CV:喜多村英梨)らのコスプレイヤーも参加して大好評だったが、今回はどんな内容になるのか、ファンの期待も膨らんでいる。

 そこで、クラウディアの“中の人”……でなくコスプレをして“外の人”としても活躍中の日本マイクロソフトの戸倉彩さん、同じく日本マイクロソフトで同プロジェクトを統括する嶋内愛さんに、3回目となる出展への意気込みや、“窓辺ファミリー”の誕生秘話などを聞いてみた。

――今回、IT業界としては異例となる3度目のコミケ出展となりますが、初めてコミケへ出展するいきさつはなんだったんでしょうか。

戸倉さん(以下、) コミケは入場無料じゃないですか。それで、どうやって収益を上げているかというと、カタログの販売なんですね。年々厚くなっていて、今では電話帳くらいになってますし、重さが2キロもあるんですよ。それをマイクロソフトのWindows Azure(以下、アジュール)でウェブ版を作れないかと提案したのがきっかけですね。

嶋内さん(以下、) ですから、もともとマイクロソフトとコミケは、主催者と出展者という関係ではなかったんですよ。

――カタログのウェブ版をサポートするんだったら、出展もしてしまおうということですね。でも、マイクロソフトって堅いイメージがあるんですが、出展するに当たって社内では問題なかったんですか?

 正直、軋轢はありました(笑)。ブランドイメージもありますし……。そもそも、Windows OSのキャラクターである“窓辺ゆう・あい”は公式のキャラクターではないんですね。販売店さんや代理店さんといったパートナーさんが作ってくれたもので、マイクロソフトだけでなく、あくまでもWindows全体の応援キャラとして露出しているんです。マイクロソフトでは自作PC業界、自作PCを愛好してくれる方たちを大事にしたいという思いがあって、これだけ応援してくれているのなら、もっとファンの人たちを大切にしましょう! と初回は押し切ったんです(笑)。

――押し切った(笑)。手ごたえはいかがでしたか?

「おたぽる」で続きを読む