NEW
「鈴懸なんちゃら」発売記念!掘り起こしインタビュー

【松井珠理奈】板野友美に認められたい!AKB48に乗り込んだ名古屋のエース

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「視点をクリアにする情報誌 月刊サイゾー」の記事がウェブ上で読める「サイゾーpremium」の記事から、ユーザーの反響の大きかった記事をピックアップしてお届けします。

 今回は、本日発売となったAKB48の最新曲『鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの』(何回も書いてるうちに空で書けるようになってしまった@サイト担当)で、センターを務める松井珠理奈(SKE48チームS、AKB48チームK兼任)の、過去のインタビューを掲載。

 SKE48の初期メンバーでありながら、大ブレイクする前からAKB48の楽曲でも選抜やセンターに据えられてきた彼女の大人な面とちょっとかわいい面が交差して見えるインタビュー。すでにじゅりたんののヲタも、最近知ったあなたも、レッツ・プレイヴァーック!

──先日の第4回AKB48選抜総選挙で見事9位にランクインしたSKE48のエース、松井珠理奈。チームKとの兼任を経た、今の想いとは?

BJ_1312_jurina.jpg
(写真/夏目圭一郎)

 今年ついに高校生になったSKE48のエース、松井珠理奈。2012年3月にAKB48のチームKを兼任することが決定し、その直後に過労から入院。復活後すぐにK公演に出演、総選挙、と慌ただしい日々を過ごした彼女は、今何を思うのか──。

「今年の総選挙では9位という順位をいただいて、今はとにかくうれしいですね。今回は、開票日の直前に握手会があったおかげで、たくさんの方々が応援してくれていることをあらためて実感できて、当日も緊張せずに迎えられました。むしろ、冒頭のライブの『真夏のSounds good!』で、前田(敦子)さんのポジションをやらせていただいたことのほうが緊張しちゃって(笑)」

続きは、サイゾーpremiumのご購読ご登録(有料)でご覧いただけます!