NEW
安部徹也「MBA的ビジネス実践塾」第2回

飽和見込まれるコンビニ業界、セブンとローソンが取るべき“セオリー”戦略とは?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンビニ最大手のセブン-イレブン
 メガバンク勤務後、アメリカのビジネススクールでMBAを取得し、今では幅広い企業の戦略立案やマネジメント教育に携わる安部徹也氏が、数多くのビジネス経験やMBA理論に裏打ちされた視点から企業戦略の核心に迫ります。

 百貨店やスーパーなど大手小売企業が苦戦を強いられる中、コンビニエンスストアの快進撃が続いています。

 10月に発表されたコンビニ大手の中間決算では、最大手のセブン-イレブンの営業収益は前年同期比37.9%増の1兆2772億円、営業利益は10.5%増の1287億円と、共に過去最高を記録しました。

 業界2位のローソンは、営業総収入こそ前年同期比0.3%減の2481億円と振るわなかったものの、営業利益は3.1%増の356億円と、セブンと同じく半期ベースでは過去最高の決算となりました。

 ただ、コンビニ業界は今後も順調に成長するかといわれれば、一筋縄ではいかないことも十分考えられるでしょう。

 市場が飽和してくれば、成長を持続するためにはライバル企業から顧客を奪うか、新たな市場を開拓するしかありません。

 コンビニ業界の先行きが楽観視できないのは、過去最高益を記録した中間決算発表の席上でローソンの新浪剛史社長が「従来型のコンビニは飽和状態」と危機感をあらわにしたことからも、感じ取ることができるでしょう。

 そこで今回は、飽和しつつあるコンビニ業界で激しい競争を勝ち抜きながら、成長を持続していく戦略を考えていきたいと思います。

 もしあなたがセブンの社長だったら?、もしくはローソンの社長だったら? どのような戦略で自社を成長に導くでしょうか?

 ここでは「アドバンテージマトリクス」というフレームワークを活用して、それぞれの企業のあるべき戦略を検証していくことにしましょう。

●アドバンテージマトリクスとは?

 アドバンテージマトリクスとは、ボストンコンサルティンググループ(BCG)が考案した、適切な事業戦略を立てるためのフレームワークです。

 このフレームワークでは、まずは業界を

 1.競争要因が多いか? 少ないか?
 2.競争優位を築けるか? 築けないか?

という4つの要素で分類していきます。

 そうすると、事業を次の4つのタイプに分類することができます。

 1.競争要因が多く、競争優位が築ける→特化型事業
 2.競争要因が多く、競争優位が築けない→分散型事業
 3.競争要因が少なく、競争優位が築ける→規模型事業
 4.競争要因が少なく、競争優位が築けない→手詰まり型事業