NEW

アップル、デジカメ販売も?カメラのピント・リフォーカス技術で特許取得

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カメラでは「ボケ味が美しい」「ちょっとピントがずれている」など、フォーカス(ピント、焦点)が問題になることが多い。何しろ、ピントが合えばよいというのではなく、美しいボケが求められたりするのだから難しい。特にカメラに精通していない人でも、撮影した写真を見返して「ピントがちょっと甘かった」などと悔やんだことがあるはずだ。

 現代のカメラは通常、オートフォーカス機能で自動調節されるとはいえ、うまくピントが合わないことも少なくない。また、「ここにピントが合っていてほしかった」ということもあるだろう。

 そんな問題を解決してくれる夢のような「リフォーカス」機能を搭載するカメラが、今では現実に存在している。このリフォーカスというのは、一度撮影した画像のピントを調節できる機能だ。

●リフォーカス機能を搭載したLytroのデジカメ

 2011年、撮影した写真のピントを自由な箇所に変更できる「リフォーカス」機能を搭載したカメラの登場が話題になった。それがLytro(ライトロ)社のLytroカメラだ。これはライトフィールド(光照射野)カメラと呼ばれ、光照射野センサーによってあらゆる光情報を取り込み、記録する技術だ。ちなみにこのLytro社は、スタンフォード大学のOBによるベンチャー企業だ。Lytroカメラは極端に高価ではなく、現在、アマゾンでは3万5000円ほどで購入できる。

普通のカメラと異なり、細長い形状のLytroカメラ。

 Lytroカメラは、普通のデジカメとは異なる筒状の細長い形状で、背面にタッチ操作対応の液晶ディスプレイを搭載しており、必要に応じてフォーカスを調節できるようになっている。このカメラが筒状に長いのは、リフォーカス可能な、つまりは普通のカメラよりも多くの光情報を集めるために通常のカメラよりも多くのレンズを搭載しているということも理由の1つだ。

Lytroの内部。レンズが大きなスペースを占めているのがわかる。

 このカメラで撮影した画像はLight Field Picture File形式(.lfp)となり、パソコンなどで見ても必要に応じてフォーカスポイントを変えることができる。Lytro社の画像サンプルページで、興味のある方は試していただきたい。目的の画像を表示させ、適当な場所をクリックすれば、そこにフォーカスが合うのがわかるだろう。

Lytroサイトギャラリーページ。