NEW

ホリエモンも使う家計管理サービス?口座・請求情報を自動取得し管理、将来予測レポートも

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「振り回されたくない。でも付き合いは避けられない……」

 決して嫌な上司のことではない。お金のことだ。毎月給料日前になると財布の中が寂しくなり、「これじゃあいかん」と躍起になって家計簿をつけ始めるも、すぐにやる気がなくなる、の繰り返し。もっとスマートにお金の管理をしたい。

 2012年、博報堂によって行われた「アジア14都市プラス東京『暮らしとお金』に対する意識調査」によれば、東京で生活する人は、「自分がもらう年金に不安を感じる」と答えた人が75%にも上る半面、「毎月、決まった額を貯金している人」は29%しかいない。お金の管理をしなければいけないと頭ではわかっているけれど、実際には手が回っていないことを表しているだろう。

●データの全部取得と分析がカギ

 お金の管理というと「家計簿」系サービスが思い浮かぶ。しかし、中身はどれも似たり寄ったり。「クラウドにデータを保存します」というのを売りにしていても、結局は手入力しなければならないし、「スマートフォンでレシートを撮影して自動で読み取れます」というアプリもあるが、家計の一部分を切り出してデータ保存したところで何も変わらないのである。

 結局、家計全体を見渡せなければ、賢くお金と付き合っているとはいえない。銀行口座をはじめ、証券口座や、毎月のクレジットカード請求、携帯電話代金など、家計の収支がわかる情報を金融機関のサイトから自動で残さず取得し、時系列で資産として管理する。収支と資産を照らし合わせて、無駄にお金をかけている部分を分析できて初めて、お金と正しく付き合っていることになる。

 前置きが長くなってしまったが、こんな夢のような家計管理を実現してくれるサービスが「Money Forward」だ。

 実は、家計管理サービスはほかにもある。個人情報流出で一時期騒がれた「OCN家計簿(現・Kakeibon)」や「Zaim」「MoneyLook」などである。いずれのサービスも、日々の家計の収支を入力したり、金融機関からデータを自動で取得したり、今自分が持っている資産がいくらか、把握したりといったサービスが展開されている。では、「Money Forward」はこれらのサービスとどこが違うのだろうか?

家計管理サービスではよくある機能で、月次でのお金の動きを確認できる。

 そこで今回、「Money Forward」を運営するマネーフォワードの代表取締役社長CEO ・辻庸介氏に話を聞いた。