NEW

AKB48で“次世代シフト“強まる 激動の2013年後半をトピックで振り返る

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 前回「AKBグループ激動の2013年 相次ぐ卒業や峯岸騒動をどう乗り越えてきたか」では、AKB48の激動だった2013年前半を振り返ってみた。今回は、そこで明確化されたテーマ “次世代と未来のAKB48”という視点を軸に、AKB48グループの 2013年の後半6月からを時系列で振り返ってみようと思う。 

 6月5日にはAKB48グループ研究生のみの公演を日本武道館で開催。AKB48峯岸みなみ、SKE48松村香織というトーク巧者を軸としながらも、新しい個性の品評会的な公演となった。この公演から新ユニット“てんとうむChu!”やフジテレビ系ドラマ『女子高警察』などが生まれ、未来のAKB48グループを担う存在として“三銃士”と呼ばれる小嶋真子、岡田奈々、西野未姫を中心とした、次世代ユニットを推していこうという、運営側の今後の指針が明確になっていった。

続きはこちら