NEW

ザ・スミスの後継者はなぜ生まれない? 伝説的UKバンドの「特異な音楽性」に迫る

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 今回は80年代の英国ロックにあまりに大きな足跡を残したザ・スミスを取り上げます。

 ザ・スミスはニューヨーク・ドールズ・ファン・クラブの会長だった文学青年モリッシー(vo)と、当時まだ10代ながらすでにギタリスト/作曲家としてキャリアを積んでいたジョニー・マー(g)を中心に1982年結成。パンク/ニュー・ウエイヴ・ムーヴメントが一段落した英国マンチェスターにて活動を開始し、1983年にデビュー、1987年の解散までに4枚のオリジナル・アルバムと17枚のシングルを発表しました。モリッシーのねじれたユーモア感覚と毒に満ち、労働者階級の若者の心情を切実に投影した歌詞と、マーの表情豊かで美しいギター・サウンドが融合した世界で、特に英国では大きな支持を集めました。

 いつもとは趣向を変えて、スミスに影響を受けた日本の音楽家に、存分にスミスを語っていただきました。dipのヤマジカズヒデと、元エレクトリック・グラス・バルーン/現TOBYASの筒井朋哉のおふたりです。ともにスミスのコピー・バンド経験があり、ギタリストとして、主にスミスのサウンド面の魅力をたっぷりと語っていただきました。

――おふたりのザ・スミスとの出会いはどんなものだったんですか。

ヤマジカズヒデ(以下ヤマジ):好きになったのはわりと最近。昔は「なんかネオアコっぽいな」と思ってあんま好きじゃなかった。歌が好きじゃなかったのね。それが15年前に友達同士でコピー・バンドをやろうって盛り上がったことがあって。友達にモリッシーに似てる奴がいたの。顔も声も似ててさ。それでスミスをやることになって、そこで初めて、じっくり聴き始めたって感じかな。ビデオ見たり、ジョニー・マー表紙の「ギター・マガジン」読んだりして。また、ここ数年、うちでは毎日のようにスミスがかかっててさ(笑)。その影響で最近またよく聴くようになった。ジョニーの影響でジャズマスターのヴォリュームだけ交換してみたりしてね。

続きはこちら