NEW
鮫肌文殊と山名宏和、と林賢一の「だから直接聞いてみた」 for ビジネス

あの「お~いお茶」ボトルの川柳、意外に気合入った選考方法?伊藤園さんに聞いてみた

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペットボトル入りの「お~いお茶」(伊藤園)
 この連載企画『だから直接聞いてみた for ビジネス』では、知ってトクもしなければ、自慢もできない、だけど気になって眠れない、世にはびこる難問奇問(?)を、当事者である企業さんに直撃取材して解決します。今回は放送作家の鮫肌文殊氏が、「お~いお茶」(伊藤園)のペットボトルに掲載されている、あの気になる川柳の謎について迫ります。

【今回ご回答いただいた企業】

 伊藤園お客様相談室様

 なぜか世の中、川柳ブームである。爆発的な大ヒットというわけではないが、いろんな川柳本が出版されては売れているようだ。皆さんも電車の中吊り広告などで目にする機会があるのではないでしょうか。

「ジジクサイ 思った相手が 同い年」(女子会川柳)
「ア~ンして むかしラブラブ いま介護」(シルバー川柳)

など、一種の「あるある」ネタだとは思うのだが、根強い人気のようだ。

 テレビのバラエティー番組の世界でも、川柳は定番中の定番企画である。『ペケポン』(フジテレビ系)の企画「ペケポン川柳」が一番有名だとは思うが、『笑っていいとも!』(同)や、深夜番組でも川柳を扱ったコーナー企画は多い。やはり日本人のDNAに染み付いた「五・七・五」の定型リズムは見ていて安心感がある。テレビの世界では、決して爆発的なヒットはしないが、絶対に外さない企画としてとても有効なのである。

 川柳と同じ「五・七・五」のリズムで我々に馴染み深いのが、伊藤園の「お~いお茶」ではないだろうか。ペットボトルの側面に書いてある「伊藤園新俳句大賞」。お茶を飲みながら、なんとはなしに見てしまうアレである。

 そこに掲載されている俳句作品、全部同じかと思いコンビニに並んでる「お~いお茶」を調べてみたら、1本1本違っていた。けっこう俳句の数ってあるのね。ちなみに、試しに1本買ってみたボトルに載っていた句は

「青天を 仰ぎし思う 故郷の冬」(都道府県賞 秋田県大仙市・22歳・豊島七海)

というもの。シルバー川柳のくだけたあるあるネタと違い、やはり俳句だけあってマジメな内容である。もう1句載ってたのはこちら。

「目覚めれば 元旦という 真っ白さ」(都道府県賞 岡山県玉野市・35歳・浅野麻紀子)

 新年を新たな気持ちで迎えるに当たって、ピッタリのタイムリーな内容だ。

 でも、この長年慣れ親しんできた「お~いお茶」の俳句。これっていったい誰がどんな基準で選んでるんだろう? 会社内に担当部門などがあるのだろうか。

 だから直接、伊藤園お客様相談室さんに聞いてみた。

「お~いお茶の俳句大賞は、誰がどのような基準で決めてるのですか?」

担当者 その専門の判定をする委員の者が選別しております。

--それは伊藤園の社員の方なんですか?

担当者 いえ、当社の社員ではなく、俳句をつくる方であったり、審査員の方がいらっしゃって、その方たちが決めております。