NEW
『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第1回

LINE 田端氏 「『組織のDNA』がテレビを絶滅に追い込む」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「視点をクリアにする情報誌 月刊サイゾー」の記事がウェブ上で読める「サイゾーpremium」の記事から、ユーザーの反響の大きかった記事をピックアップしてお届けします。


BJ_1401_tabata.jpg
『MEDIA MAKERS—社会が動く「影響力」の正体』(宣伝会議)

 通信・放送業界を支援するコンサルタント・クロサカタツヤが、インターネットやテレビ業界などで、新たなマーケットを発掘・発展させている業界のトップリーダーを招き対論する、この連載。第1回は、リクルートのフリーペーパー「R25」から現在のLINEに至るまで、新しいメディアを提案し続けるLINE株式会社の田端信太郎氏に、新メディアを創り上げる嗅覚と崩壊する既存の"マス"の概念について聞いた。

クロサカタツヤ(以下、クロサカ) 田端さんは、リクルートの「R25」に始まり、今手がけるLINEに至るまでに、伝統的なマスと、対極にあるネットのどちらも知っています。その立場から、今のメディア環境をどのように見ていますか?

田端信太郎(以下、田端) メディアには、コミュニティを作る役割があります。例えば「社会人なら日経」というキャッチコピーは、日経新聞は専門性があり、サラリーマンというトライブ【1】を示すバッヂになる。その点においてテレビは絶望的で、同じ番組を見ているだけでは相手との関係が深まらないため、もはや広告を入れるための枠でしかなくなっています。私自身、中高生の頃はテレビ局で働くことにあこがれていましたが、今はテレビ局の社員をうらやましいとは思わない。

クロサカ テレビ業界が厳しいことは皆が理解している。でも、中にいると業界の枠組みでしか判断できません。いくら『半沢直樹』(TBS)がヒットして話題を呼んでも、ネットなど多数のコンテンツが溢れてる中では競争が激し過ぎて、テレビで回収されるトライブが出てくる可能性は小さい。最近よくある、コンテンツのマルチメディア展開ブームは、その裏返しです。

田端 "社会人の常識"の基準を、かつては新聞が決めていた。今はそれが『ZIP!』(日本テレビ)や「ヤフトピ」です。だからテレビを見る意味はゼロにならない。でも、今のテレビ業界は死に至る病に蝕まれている。例えば、『ワールドビジネスサテライト』【2】なら、独自サイトで利益を上げるビジネスプランが可能です。でもテレビ局は番組単位での収益を見ていないため、番組外で稼いでいくメリットがなく、そういう発想もありません。

クロサカ なぜできないのでしょうか?

続きは、サイゾーpremiumのご購読ご登録(有料)でご覧いただけます!